FC2ブログ

F-4EJ改'戦技競技会2004':製作記(11)

ファントム、塗装に入ります。


先に下面色を吹き付けた後、上面色をマスキングしながら吹きます。
主翼、水平尾翼は平坦なので、インストコピーして紙マスキング。
機体側面のナミナミ部分は、曲面にかかるのでパンツァーパテを使います。

これまでの失敗からの教訓、「迷彩は一色を一発で決めようとしないこと」。
持つところがなくなるし、特にパンツァーパテは貼り付けた瞬間からどんどん重力に負けて変形していきます。

なので、まずはインテークより後ろの機体部分をマスキングして、一回目の吹き付け。


乾いたらマスキングを剥がして、残りの機首部分と主翼をマスキング・吹き付け。

分けて作業すると、精神的にも余裕を持って進められます。


うん、大体こんなもんですかね。

いつも通り、バシャ―ッとウォッシングして片付けちゃうなら話は早いんですが...。
今回は空自汚れを再現する、ということでここからひと手間、いや、さん手間ぐらいかかります(^-^;

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コスモゼロ(プカップ@3rd SESSION参加):製作記(1)

プカップ@3rd SESSION、ようやく始動です。

プリンのプカップ@3rd SESSION

↑上の画像からMGのコンペページへ飛べます。

今回のお題は、「脚が3本以上あること」。
このお題が決まってから、ガンダムの某多脚砲台やら、その後番組の敵メカやら、色々...。
お題にガッツリ取り組む方向で当初は考えていたんですが、諸般の事情でそれぞれボツに。
最終的には、これで行くことにします!


ヤマト2199のコスモゼロ!

...いやいや、ちゃんと3脚ありますよ。
着陸脚が(^-^;

レギュレーションにも、飛行機のランディングギアでもOKとあるので、今回はそれに甘えさせていただきます。


とりあえず仮組み。

どう作るかはまだ考え中ですが、なるべく私なりの現用機テイストを盛り込めたらいいなーと思ってます。
しかし、ファントムと同時進行で同じく3月締切なんで、結構厳しめ...(^-^;

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

F-4EJ改'戦技競技会2004':製作記(10)

ちょっとこのところ、若干体調を崩してたのもあって、あまりプラモがいじれてませんでした。
出張先のホテルでは少しいじったりもするのですが、週末自宅に戻ると早々に寝入ってしまって。
平日の疲れがたまってるのかなぁ?

今日は久々にファントムの塗装、ちょこっと進めました。


グレー2色の制空塗装、いつも色合いに意外と悩むんですよね...。
左は最初に混色で作ってみたけど失敗。
真ん中は初心に帰ってインスト通り。
少し濃すぎる気がしたので調整した右側を今回採用します。

ほとんど変わらないって?
いやいや、目視では結構違う...かな?(^-^;
うん、まあ、重ねたり汚したりしてるうちに、細かな差はどうとでもなる気もしますね。


で、機体に吹く前に、まずはうっすらとサフでコート。
グレーとはいえ、下地は均一化しとこうかなと。

飛行機の場合、最近は光沢グレーを吹くことが多かったのですが、食いつきの点ではやはりサフが勝る気がします。
ハセガワのモールドは繊細なのでサフでは埋まる、という記事を書籍でよく見かけるのですが、ホントにそうかな?
自分も何となく敬遠してましたが、サフ1500をブラシで吹く分にはそんなに埋まらないのではなかろうか?
(今回は浅い部分を多少彫り直してますし)

塗装の下準備作業はなかなか決定打が見つからず、トライ&エラーの繰り返しです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

F-4EJ改'戦技競技会2004':製作記(9)

昨日、ようやく今年の仕事が終わって、本日より山口帰省です。
バタバタですが、なんとか年末年始のお休みは確保できて一安心(^o^)

今年のブログ更新もこれが最後。
特に一年を振り返ったりはなく、通常モードでお届けします(^-^;


ファントムの水平尾翼。

取り付け軸が貧弱で危なっかしいので、ちょっとだけ補強しておきます。


といっても、真鍮パイプを被せた程度。
機体側の穴は、パイプの径に合わせて少し大きくしておきました。

また、真ん中で左右接合できるように、片側に真鍮線を入れておきます。
最終の組み立ての際に、クリアボンドで左右くっ付ければグラグラしないんじゃないかな?
と思ってますが、それはまだまだ先の話。


一方こちらは、キャノピーのマスキング。
出張中のホテルでやっつけときました。

こういう細かい作業が、むしろ出張のお供に向いてるかも。
荷物も少なくて済むし。


今回はキャノピーオープンとするので、開けるとこのパーツは表裏両面をマスクして、裏側にもつや消し黒を吹いときます。
こうしないと、艶が出ちゃうんですよね。


年内はここまで。
機体の塗装まではいけなかったか~。
年明けも引き続き、出張の合間に進めていきたいと思います。

プカップもぼちぼち始めてるので、年明けには記事でご紹介しますね(^o^)/

では、今年お世話になった皆々様、来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
では、よいお年を!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

F-4EJ改'戦技競技会2004':製作記(8)

ブログ更新は相変わらずの週一ペース。
さて、今日もF-4EJ改の続きです。
細かい作業をしてたら、少しモチベーションが回復してきました(^^)

先週は、下面の高圧エアホースを接続するパネルの開口まででした。
今週は中身の方を作っていきます。


機体側にはホース接続の穴やらなんやら、主翼側にはプラ板でパネル開閉のシロを作りまして。


合わせるとこんな感じです。

ちょこっと解説すると...。
ファントムは左右2機のエンジンがあり、始動時には上画像左側の太い方に起動車から高圧エアを送り込んで、エンジンを始動します。
真鍮パイプを埋めてる方の穴は排気用。

ちなみに、高圧エアホース接続の穴は、実際にはこんなにデカくないです。
ホースに見立てたアルミ線を突っ込むため、便宜的にデカくしてるので、あしからず!


最終的には機内色で塗るのですが、奥まった部分を暗くするため、あらかじめ黒を吹いておきます。

ちなみにご覧の通り、内部ディテールはほとんど作り込んでません。
資料も(幸い)ほとんどなかったですし、覗き込めるようなディスプレイ方法でもないので、今回はこれでOKとします。


お次はコクピット。
一旦黒く塗ってから、グレーやシート色をグラデ(立ち上げ?)するのが、最近の私のスタンダード。
奥行きというか、立体感が増して雰囲気が出ます。

ちなみにパイロットを先に乗せるか後に乗せるか?
...は考えた末、ブロ友のひるまさんにアドバイス頂いたとおり、後乗せ方法にすることにしました。
作業の段取り的に、やっぱりその方が楽そうです。


グレーを塗った後、計器類のデカールを貼りました。
こうしてみると、あまり立体感はないのですが...。


実際、機体に組み込むとこんな感じ。
今回は、さらにパイロットが乗って計器類はほとんど見えなくなるので、表現的には十分かと。


コクピット含む機首下面パーツと、主翼パーツを取り付け、合わせ目のすり合わせ処理を行いました。
機首下面パーツには、機体側と若干段差が出たので、ヤスってツライチにすり合わせ。

やっとここまで来ましたね~。
さて、ぼちぼち機体の塗装に入りますが、空自F-4のあの独特な感じが出せるかな?
エンジン周りの焼け表現も含めて、なかなかハードル高そうな感じではあります(^-^;

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

Twitterアカウントはコチラ↓
@gorimodeler

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
330位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR