FC2ブログ

ホンダモンキー:製作記(5)

MARIKO JET、クリアー塗装後5日経過!
さーて、ようやく研ぎ出しして完成まであと一息!...と思った矢先に、関東梅雨入り(>_<)
一皮研いだところで、仕上げクリアー吹きは一旦おあずけ。

またモンキーをちょこちょこ組み始めました。


青矢印の部分、プラグコードを付けました。
緑矢印のアクセルワイヤーが0.8mmに対して、プラグコードは0.65mmを使用。

使っているのはタミヤのディテールアップパーツシリーズのパイピングケーブル、微妙に径の違うパイプが4種類リリースされています。
一昔前まで、自分の望む径のケーブルってなかなか手に入らず苦労してましたが、このシリーズは刻みが細かくて、とても助かります!


エキパイからマフラーまでを取り付け。
マフラーカバーやリアフェンダーは、メッキパーツそのまま。
キラキラ感が良いです。


と、ここで気が付いちゃいました。
矢印部分のカバー、実車は美しいメッキですね...。
キットにはこのカバーのエッチングパーツもついているのですが、本来微妙なアールが付いていて、平板なエッチングでは今一つ。


考えた末、ハセガワのミラーフィニッシュを貼り込むことにしました。
ネジ部分を、あらかじめ0.5mmポンチで抜いたものを貼り込みまして...。


新品のデザインナイフでエイヤッ!と切り抜きました。
ちょびっとフチの部分が荒いですが、この金属の輝きはウチにある塗料では再現できないモノ。
よっしゃ!

それはそうと、1日だけでも晴れてくれないかなぁ...。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(4)

MARIKO JETのクリアー乾燥待ちの間、作りかけてたモンキーを再開します。
今話題のタミヤの125ccではなく、フジミの50ccの方。

しかし我ながら、あっち行ったりこっち行ったり、雑食極まれり(^-^;


GWの連休前の続き、フレームと一体化した後部キャリアを塗装しました。
実はここ、インストではがっつりフラットブラックの指定になっていて、一旦は指示通りに塗ってしまいました。
後で実車の写真を見ると、全然違う!
金属地だったりフレーム色だったり、フラットブラックからのリカバーが面倒なヤツで...orz

やっとこさリカバって、ボルトの頭をチマチマと銀で塗る。
この作業が、いかにも「バイク作ってる!」って感じで、好きなんですよね♪


こちらは後輪タイヤ。
ブロックタイヤって、パーティングラインの処理を兼ねて接地面にペーパーをかけると、ドライブラシ的効果で立体感マシマシ!


塗り終わったいくつかの部品をフレームに組付けていきます。
この、各々準備した部品が一気に組み上がって形が出現するところが、バイク模型の醍醐味!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(3)

月曜日までは調子よく製作できてたのですが、連休前の仕事の追い込みと悪天候で、平日はA320の塗装はストップ。
モンキーをちょこちょこ進めています。
(今回ちょっと長くてすみません...)


とりあえず、タンクとフレームをGX3ハーマンレッドで塗装。

ん?ハーマンレッドって、意外と朱色なのね。
イメージ的には原色の赤!って感じが欲しいので、ちょっと違うなぁ...。


という訳で、ちょうど切らしてたNo.3の原色赤を塗ったのが真ん中。

...あら?
下地が朱色っぽいせいか、思ってたほど、ドギツくない...。

んじゃ、キャンディ塗装みたいに、クリアーレッドでコートしてみるか?
そのままじゃ濃すぎるんで、少しクリアーで割ってコートしたのが右。
今回はコレで行ってみよう。
下地が銀でないキャンディ塗装、深みが出たりしたら面白いかな~と思ったけど、さほどの効果はなかった...。


う~ん、それにしてもNo.3ってこんなにマイルドだったっけな?
と思って調べてみると、やっぱり2008年に仕様が変わってた。
え~、10年以上前!?原色の赤、あんまり使ってなかったのね...(^-^;

ちょうど復刻版の「プリビアスレッド」ってのが出てるらしいので、買ってきました。
うん、やっぱりこっちの赤が刷り込まれてるヤツだわ。

ついでに、並んでた「ブラッドレッド1&2」ってのも名前に惹かれてつい買ってしまいました。
こちらはとても透過性の高い赤。
あ~、「血のように赤い赤」じゃなくて、「ズバリ血を再現する赤」だったか...。
あまりウチでは用途がなさそう。
アレの右肩にも塗れそうにないしなぁ(^-^;


さておき、赤塗装部を仕上げようと思ったところ、フロントフォークも赤塗装が必要なことに気付き、慌ててメッキはがし第2弾。
キッチンハイターでメッキはがし完了。
ご覧のように、黄色っぽい下塗りクリアー層があるので、さらにシンナー風呂でクリアーをはがします。


ラッカーうすめ液に浸けること30分。
表面がしわしわ~っとなってくるので、このタイミングで引き上げて歯ブラシでこすって落とします。
(この辺はキットによって特性が違うかもです)


スッキリ白くなりました。
厳密には、凹みやモールドの部分にはまだクリアーが残っていますが、あまり長時間浸けるとパーツの劣化が怖いので...。
この辺で止めておきます。
一応、この後水洗いして乾燥。


フロントフォークのパーティングラインを消し、裏面の押し出しピン跡を埋めます。
タミヤの促進剤をさっと塗って、黒瞬着をちょんちょんと乗せます。
1分もあれば硬化完了。


表面をならして、すぐに下地グレー塗装。
ここまでノンストップで行けるのが瞬着のありがたいとこですね~。


しばらく乾燥させ、白を吹いてまた乾燥、で他のパーツと同じくGX3で塗装。
これでようやく他のパーツと足並みそろいました。


で、ようやくクリアーレッドのクリアー割りで上がけ塗装。
まずまず、深みのある赤になってくれました。

さて、私も長期休暇に入りましたのでしばらく帰省します。
連休明けにまたお会いしましょう。
ではまた!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(2)

A320の塗装の合間に、放置してた別キットを並行で進めてます。


ちょうど1年前、ちょこっとだけ手を付けて放置状態だった、フジミの50ccモンキー。
まもなく、タミヤから125ccモンキーのニューキットが発売されるということで、早く作らなくっちゃ、と。

排気量は違えど出来の良いモンキーが出てくると、製作モチベーションが落ちちゃう可能性があるので、ね。
今週発売の模型誌で、「昔出てた50ccのキットも超絶ディテールアップしちゃいました~!」なんてアリガタ迷惑?な作例が出てこないことを祈ります...。


これは昨年4月に撮ったまま、未公開だった写真。
フレームとエンジン周りの下地グレー塗装をすませ、エッチングのケーブル止めを付けたところ。
ここから再開です。


こういう細い部品、ビニールチューブを差すときにポッキリ折れて、はなはだストレス溜まります。
予め真鍮パイプに換装しておきます。


一部パーツは1年前にキッチンハイターでメッキを落として、普通にシルバー塗装しております。
(ホイールとかスプロケット)

ディテールにはこだわらず、さっくり作りたいと思います。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(1)

さて、クフィルも完成したので4ヶ月ぶりにイデオン製作に戻るのですが、ちょっとその前にお手付き公開。


フジミのモンキー!
なんか小ぶりなバイクが作りたくなって、購入しておいたものです。
原付ですからかなりのミニサイズですが、ディテールはタミヤに引けを取らないぐらい精密。
やるなフジミ!

ちょっとお高いエッチングパーツ付きを購入したのですが、実際エッチングパーツはあまり使わないかも...。
小さなものを無理に使おうとするとかえって汚くなっちゃいそうだし、立体感は元パーツの方が良かったり。


一部パーツのメッキは落として塗装します。
100均のケースにパーツを入れて、キッチンハイターを注ぎ、水でやや薄めて、しばらくすると綺麗に剥がれます。

ちなみにウチでは、日常生活でほとんどキッチンハイターを使いません。
ほぼメッキ剥がしにしか使わないので、10年ぐらい前の代物。
容器に出してみると、生グレープフルーツサワーのように何かふわふわと浮いてました(^-^;
大丈夫かいな!?と思いましたが、一応メッキ剥がし性能には問題なかったようです。


という訳で、綺麗にメッキが落ちたパーツ達♪

今後の製作記は、基本的にイデオン中心で進める予定ですが、ときおりモンキーさんが顔を出すかもしれません。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
479位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR