FC2ブログ

ホンダモンキー:製作記(11)

タンクに続いて、これまたハードルの高そうなシートのチェック柄デカール貼り。

マークセッター&ソフター&ドライヤー、総動員で格闘すること数十分...。


あー、やっぱり綺麗に貼り込むのは無理ですわ~!
あちこち割れるし、凹みの奥まで馴染まない。
結局、デザインナイフで切り込み入れて圧着しました。

しかもこのデカール、サイズがちょっと小さい。
側面の銀モールまで、あと1mmぐらい寸足らず...(>_<)


黒と赤でタッチアップ塗り塗り。
OK、まーこんなもんでしょう!
(寸足らずは諦めました)


と、ここで問題発覚。
シート後部に貼るHONDAロゴデカールが...黒!?
実車は銀色なんですが...。
えっ、コレ普通に間違ったの?


持っててよかった、アルプスプリンタ!
銀のHONDAロゴ、無事貼れました。


タンクのクリア掛け。
ツヤがホドホドに出たところで完了、研ぎ出しもナシ。
ここは梅雨入りまでに仕上げておきたかったので、間に合ってよかった~。


シートの方はガイアのフラットクリアーでコート。
ほんの少しツヤが残る感じが、革(ビニール?)製品にはちょうど良いですね。


フレームに組み付けました。
この段階の組み立てで破損したり、ということもよくありますが、今回は無事...。
いやホントは、ポロリとか少しありましたが、まあ何とかリカバれました。

残るはフロント周りです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(10)

モンキーの続き~。


リアブレーキのロッドがポッキリ折れてしまったので、洋白線+スプリングで作り直します。
や、コレは折ると思いました(^-^;


無事、車体へ取付完了。
すっきりシャープになったのは怪我の功名!?
後端のネジ止め部分はプラパーツのまんまですが、洋白線(無塗装)と上手いこと繋がって見えてます♪
これは、メッキカラーNEXTのおかげ。


さて、ちょっとビビり気味だった、タンクのデカール貼り再挑戦。
先週末、腰を据えてかかりました。
(予め、別カラー用のデカールでスプーン相手に練習)

マークセッターとドライヤー動員で、今度は何とか切り込みを入れることなく、シワも目立たない程度に貼り込むことが出来ました。
赤の下地がちょっといい加減だったせいで、シルバーが凸ってるとこありますけど...(^-^;
下地は大事ですね!


お次はシート。
表面のレザーを止めてる鋲が小っちゃくて微妙...。


こういう工作に御用達、シルクピンの頭に置き換え。
シート側を3mmドリル&ドリルビットでえぐり、神ヤスでならして、鋲で引っ張られてる感じに。
なかなか良さげです。

さて、このシート上面にもチェック柄のデカールを貼り込まないといけません。
これまた難易度高そう...。
幸いデカールは予備が出来たので、頑張ります!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(9)

さて今回は、前回デカールで失敗したタンクのやり直しです。


あったあった、多分10年ぐらい前に買ったペイントリムーバー。
ちゃんと性能が発揮できるのか不安です。

あと、漬け込むのにパーツが入るギリギリの容器。
(リムーバーをケチるため(^-^;)


漬け込むこと1時間。


おっ!?
デカールごと見事に取れましたよ!


ティッシュで拭き拭き。
気持ちいいぐらい綺麗になりましたね~(*^^*)
お見事!


とここで、実車を確認すると、タンクをフレームに固定する後ろ側のベロの部分も、ボディ色の赤色なんでした。
真面目にインスト指定通り、裏側パーツ全体をツヤ消し黒で塗っちゃってました。

でもよく考えたら、タンクの裏側って普通はボディ色か金属むき出しですよね。
タンクと一体化しちゃった方がタンクの改修しやすいし、まずは塗装を剥がしましょう。

...ハイ、なんか綺麗に剥げるのでドボンが楽しくなりました♪


こちらも漬け込むこと1時間。

...ありゃ?
見た目変化ないぞ?
塗料の相性があるのか!?


ティッシュと綿棒でこすると、やっぱり綺麗になりました。
よかったよかった。


タンクの下端がスパッと切り落としたようになっていて実感がないので、形状を修正します。
まずはタンク下端を削り込んで丸みを帯びた形にし、プラ板を貼り付けます。

で、乾燥したところで形を整え...。


下地のグレーを吹きました。
絞り込みとプレス跡の再現で、だいぶ雰囲気良くなった気がします。


その後、白下地と赤を吹いて、塗装までのリカバリ完了~。

さて、いよいよ鬼門のデカール貼りです。
しっかり気持ちと時間の余裕があるときに、再トライしてみたいと思います。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(8)

今回は、他と並行でちょこっとずつ進めておりますモンキー。


前回仕上げたリアキャリアとテールランプを車体に接着。
よく見ると、ナンバー取付ステーの穴とか再現されてて、なかなかバイクらしい雰囲気出てますね~。


さて、同時に進めていたタンク。
銀色のデカールがどうにも曲面に馴染まなかったので、何箇所か切り込みを入れて貼り込みましたが...。
段差が目立つ結果に(ノД`)


ダメもとで、クリアーがけしてみましょう。
一応砂目吹きから始めて...。


ある程度クリアーがけしてみましたが、やっぱり段差は消えない。
そりゃそうか。
それ以外にも2個所、気に入らないところがありまして。
・色が暗くなり過ぎた(クリアーレッド吹き過ぎた)
・実物にはタンク下端に絞り込みがあるが(後ろのボックスアート参照)、キットでは再現されてない

2点目は最初から分かってはいたものの、お気楽に作ろうかとスルーしてました。
...が、色塗ってみるとやっぱり気になる。
ということで、総合得点でドボン決定です。

デカールは既にメーカー注文してゲット済。
「次は上手く貼れる」という自信はないのですが、落ち着いてじっくり再チャレンジしてみます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ホンダモンキー:製作記(7)

ホンダモンキー、昨日の続き。


テールランプ周りです。
ウインカー部分はメッキを残したいのだけれど、中央部はツヤ消し黒。
しかもメッキを残したい部分にゲート跡がある、という面倒な構成(-_-;


あっ、途中写真撮り忘れましたが(^-^;、無事完了。
メッキのゲート部分はハセガワのミラーフィニッシュで隠しました。
上部ボルトのメッキはがしが面倒だったので、削り取ってウェーブのRリベットで再生しました。


荷台もメッキを活かしたい。
あちこちにゲート跡が出てしまいますが、ここもミラーフィニッシュを貼り付けていきます。

ミラーフィニッシュというのは案外コシが強く、この面積・曲率だと上手く貼り付いてくれません。
なので、以前購入したフィニッシュ軟化剤を使ってみることにします。


貼り付ける場所に軟化剤を塗って、小さく切ったミラーフィニッシュを指でしばらく押し付けると...。
おっ、いい感じで馴染みました!(*^^*)
ゲート跡補修、ぱっと見は分からないぐらいにはなったんじゃないかな?

本来は「じっくり軟化タイプ」で、半日以上置いとくように書いてあるので、このまま触らず翌日まで放置しときます。


ちなみに今回使ったフィニッシュ軟化剤がコチラ。
なかなか使えます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

Twitterアカウントはコチラ↓
@gorimodeler

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
628位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR