FC2ブログ

バイファム:製作記(3)


ホネホネくんに、フレームとしての外装パーツを付けてみます。
おー、なんか妙にカッコよくない!?

コブシはコトブキヤの丸指ハンドA。
コレもあつらえたようにぴったしサイズ。ボールジョイントもそのままハマるし。
スバラシイ。

と、ここまでは楽なんですがね...。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

バイファム:製作記(2)


ポリキャップ創世記のこのキットを、そのまま組むのはさすがにツライので、フレームが使えそうなキットを探してきました。なるべく最近のキットで、体形も近そうなRGザクにします。
ホネホネくん、ほっそいなぁ...。
よく動くんですが、細すぎて関節固いので、右太ももがチト白化してしまいました。
ヤバイヤバイ。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Honda RS250RW:デカール貼り作業(その1)


カウルにデカールを貼る作業、開始。
さすがカルトグラフ、黒下地をモノともせずに白がキレイに発色しています。
むしろ、塗装した白の方が発色不足で差が出てしまったぐらいで...。(汗)

国産デカールに比べると厚みも弾力もあるカルトグラフ、曲面に貼り込む時は綿棒で圧着するよりも指で直接撫でて馴染ませる方がうまくいきました。(カウルのフチとか)
ただ、試される場合は自己責任でお願いしますね。m(__)m

さて、つぎはクリアー砂吹き。
デカールの銀が変質しないか少し心配です...。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

レギオス・エータ:完成!


ようやく完成!
最近のロボには無いゴツゴツした感じがいいですね~。

ギャラリーにもアップしました。よろしければどうぞ。
→ Gori's Workbench Gallery

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

レギオス・エータ:ラストスパート!


天気が悪いときにちょこちょことマスキング&塗装を進めたおかげで(RS250RWの方はデリケートだから...)、残っていた腕パーツもスミ入れまで完了。
あとはデカール貼れば完成、ってとこまで来ました。


おでこの小さなセンサーは、ハセガワのクリアーレッドフィニッシュを小さく切って貼り付け。
マスキングの手間とか考えると超ラクチン、ホントこのシリーズはこういうところで有難い。
20色ぐらい買い込んでるけど、この使い方だときっと一生持つな。(笑)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

バイファム:製作記(1)


模型誌の特集やWAVEのニューキットで、最近脚光を浴びるようになったバイファム。
ドラグナーのマスターファイルが発売されて以来、「いつか必ず発売されるハズ」と思い待ち続けた本が、ようやく手元に!


こちらは今年の2月に仮組みして、マスターファイルの発売待ち状態だった1/144のバイファム。
いよいよ本格的に製作開始!といきたい所ですが、まずはレギオスを仕上げてから。
マスターファイルの画稿は、それはそれはイカしてるんですが、あれをマジメに再現すると3年はかかりそう。(笑)
どの辺を落とし所にするか?
この旧キットもプロポーションは良く、脚がもう少しハの字に開いて立てるだけでかなりカッコ良さそう。

スリングパニアーは付けない方がRVらしい気がしてきたので、付けないかも。
一応実家には、地球軍の残りの3種も積んでありますが、ネオとトランはやっぱりパニアー付き。
うーむ。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Honda RS250RW:カウル黒


やっぱり方針変更、カルトグラフのデカール発色を信じて黒吹きます。
黒白の塗り分けのラインをマスキングでキレイに出せる自信がなかったので。
黒は表面の荒れが目立ちますね...。(汗)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

レギオス・エータ:機首


アーモソルジャーの形態では背面に位置する、ファイター時の機首パーツ。
インストでは塗り分けがはっきり示されていないのですが、ファイターの設定画を参考に、上面の青などを塗装。

ソルジャー形態時の背中に当たる三角状のパーツ、ずっとなんだろうと思ってたんですが、左右の前縁ストレーキが合わさったものだったんですね。
変形設定画見て、ようやく気が付いた。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Honda RS250RW:カウル白

今まで全く気づかなかったのですが、カテゴリが「HASEGAWA」ではなく、「TAMIYA」になってました。
いやはや、思い込みでどうも恥ずかしい限り...スンマセン。直しときました。


カウルの塗装ですが、モデルアート2011年3月号の塗装方法に従ってやってみます。
白→デカール→クリアー→黒・銀→クリアー→デカール→クリアー、と大体こんな段取りかな。
クリアーかけてるとはいえ、デカールの上からマスキングするのがちょっとコワイ。
昔、同じような手順でクリアーが薄くて「ぺりっ」とやっちゃったことがあるんですよね...。

まずはとりあえず白塗装から。
シートカウルのゼッケンの白は、記事だとデカールっぽい書き方ですが、他の部分の白と合わせるため塗装&マスキングでやってみます。カルトグラフの白発色は黒下地でも大丈夫...なのかな?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

レギオス・エータ:胸まで


だいぶそれっぽくなってきた♪

お次は頭と機首、主翼辺りを。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Honda RS250RW:カウリング


カウル塗装前の下地処理。
#1500サフ、なめらかといっても吹きっぱなしの表面はツヤ消しなので、GSIクレオスのMr.研ぎ出しクロス3000番と、入り組んだところは綿棒で磨いてツヤ出し、表面をならします。

次回からは白・黒・銀の塗装、ここからが正念場。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

レギオス・エータ:足腰


腰まで。
モスピーダもちゃんと格納。
やっぱり小さいけど、気にしない気にしない。
同時進行で胸周りも塗装中。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Honda RS250RW:スタンド塗装


レーシングスタンドの塗装完了。
といっても、フロントフォークの付いてないバイクを乗せても不恰好なので...


いよいよカウル回りに着手。
フロントフェンダーを仕上げないと、フロントフォークがフレームに付けられないから、ですね。

正直言うと、デカールやツヤなど、デリケートな作業が連続のカウル回りはあまり好きではありません。
ま、とりあえず下地のサフから。
最近出たクレオス1500番のサフを試してみます。
1200番より細かいのだろうか...多少滑らかな気もするが...パッと見は違いはよく分かりませんな。
1度目のサフを吹いて、スポンジヤスリで表面をならし中です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

レギオス・エータ:脚仕上げ


このところ仕事が忙しく、平日はなかなか作業時間が確保できません。
1週間かかってようやく、スミ入れとデカール貼り完了。
もうちょいサクサク作れるといいんですがね~。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

Twitterアカウントはコチラ↓
@gorimodeler

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
462位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR