FC2ブログ

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(22)


頭部、やっと角が付きました!
付け根をベビーパウダーパテで整形中。

鼻先のダブルシェブロンは、彫り直そうと思っていたのですが、細かすぎて大変なのでプラ棒貼ることにしました。
(それはそれで大変でしたが...)
立体感が出て結果オーライ♪


今年の最終状態。
ツノの整形と、わきの下のウニュウニュが残ってますが、ほぼサフは吹き終えました(*´ω`*)
年明けて、いよいよ塗装に入ります。
最初は一般機塗装のつもりでしたが、方針変更、マーベル機として仕上げることにします。

これから帰省しますので、これが今年最後の投稿になります。
今年は、ブログを通じていろんな方と交流することができ、とても実りの多い年でした。
皆さん、ありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いしますm(__)m

さて、年末年始は実家で、簡易ディスプレイベースの製作は進めようと思っています。
できればマーベルさんフィギュアを絡めたいと思っていますが、1/72サイズでちゃんと作れるかどうか?
年末年始の間にトライしてみます。
(年明けたら、なかったことになってるかもしれませんw)

それでは皆さん、お疲れさまでした~!
よいお年を!!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(21)


2週間前、とりあえず作ったけどなんかピンと来なかった頭部。


まだ表面処理が完了していませんが、一応こんな感じ。
口からアゴにあたる部分のラインを整えて、横幅を狭くしました。
(目はマスキングゾルでマスクしてます)

胴体は、下側をプラ板&パテで延長した部分の合わせ目処理を行った以外は、ほぼ無改造。
このキットで一番ラクチンな部分です。



ところで、頭部のエポパテ&ベビーパウダーパテからの削り出し。
いつもは彫刻刀とデザインナイフでカリカリするところですが、曲線刃のナイフが使いやすいことに気づきました。

混み入ったところの平面を出すのに、直線刃よりもピンポイントで削れるので便利。
多少の凹凸は出ますが、どのみち最後は#400ペーパーでならすので問題なし!
刃先で凹みの角の整形もしやすいし、刃が厚めなのもいい。
(実は私、デザインナイフの刃の薄さが苦手で、普段の製作には刃先30°のカッターナイフを多用しています)

ちなみに私が使ってるのは「アレックス K-1 スカルペルナイフ」、400円ぐらい。
今までは、凹みの曲面以外ではあまり使ってませんでしたが、もっと使ってみようと思います。


引き続き、腕。

プラ&パテで延長した部分を中心に#150ペーパーでガシガシ削って一旦サフ吹き、ラインがよれてないかチェック。
おおむね良さそうなので、細工に入ります。

明日の夕方から帰省なので、移動前に今年最終のブログ更新の予定です。
目標の年内サフ完了まで、何とか持っていきたいな~。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(20)

さて、今回は腰パーツ。


股間から生えたカギ爪。
形は良いので、エッジをシャープにしてヒケを埋めればOK。


幅詰めの時に削り落とした噴射口?もコトブキヤのモビルパイプで再生。
周りはエポパテでウニュウニュしました。


サフ吹いて、腰パーツ完成~。
ア、アレ?
太ももパーツとの接合部分がむき出しやないの~w
後でウニュウニュしときまーす。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(19)


昨日の続き、太もものフレイボム発射口の内部工作です。

底にプラ板を貼って、発射口はコトブキヤのモビルパイプを貼り付け。
特に加工はしていませんが、ほんのちょっと外装パーツからはみ出すぐらいで、ちょうどいいサイズ。
キットパーツよりは口径アップできました。


おっといけない、忘れてた。
スネパーツ後ろの謎パーツ、削り取ったままでした。

タガネで0.2mmの溝を掘り、0.2mmプラ板を差し込み、流し込み接着剤で固定。
溝堀りはちょっと手間ですが、ポン付けでは心もとないし、スネパーツの曲線に厳密に合わせて整形しなくて良いので、急がば回れ、かな?

ちなみにこのパーツ、設定では割と厚みがあるのですが、オレ解釈で飛行時のスタビライザー的な役目と捉えたので、ペラペラにしました。
魚のヒレ的な表現を入れたかったのだけど、パーツが細かすぎたのであきらめました。
(気が向いたらやるかも?)


とりあえず、脚の工作は完了。
ふぅ~。
んじゃ、胴体に行きますゾイ!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(18)


太ももリカバリ~。
黒瞬着盛って、削って、サフ吹いて、を3~4回繰り返し、なんとか見れるようになりました。


でもって、リューターと自作ノミで真ん中の溝を彫り直し。
ちょっとばかしラインがよれたので、サフ吹いて気になるようなら、スネと同様、ベビーパウダーパテで補修します。
また、フレイボムの発射口が幅詰めのせいで狭くなってたので、リューターで大きく開け直しました。

フレイボムの中身工作は、次回。
やーっとこさ、脚の目途が立ってきました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(17)

kohi123さん推奨、いろいろ使えるベビーパウダー!!
早速買ってきました~。


これで約300円、結構デカイ。
まず、蓋をパカッと開けると、ふんわりかぐわしい香りが...。
模型材料ではあり得ないですねー、普通w

kohi123さんに教えて頂いた通り、ガムテに出して、瞬着たらして爪楊枝でまぜまぜ~。
なるほどー、練った感触はポリパテと似てますね。
配合比によって粘度がコントロールできそう。


今回はこの、スネパーツの溝部分の補修に使ってみます。
延長したところに溝を掘ったものの、パテが欠けたりラインがうねったりしているところにチョンチョンと盛ります。
黒瞬着は粘度が低くて流れるし、面積が小さいのでエポパテやポリパテではまず食いつかないだろうという難条件。

今回は盛った直後、あえて硬化スプレーで固めてみました。
バッチリ即時硬化!
ガムテに出したやつも5分ほどで固まったので、通常は自然硬化でも十分でしょう。


削る。
ナイフでもスティックヤスリでも、切削性は良く、少し粘りもあっていい感じで削れます。


仕上がりがよく分からないので、サフ吹いてみました。
いいじゃない!?
ラインはかなり整いました。肉眼では。老眼だけど。
なんか、細かすぎて伝わらない選手権になってしまいましたw

今回、パテにとってはハードルの高い作業にあえて使ってみましたが、なるほど、他のパテにはない性能がありますね!!
この面積で欠けたり外れたりすることもなく、切削性が良くてきちんと面出し出来ます。
5分で硬化という時間も、盛る作業時間を考えるとちょうどいいですね!

今度、腕パーツでもうちょいしっかり使ってみようと思います。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(16)

今日は、いわゆる失敗談というヤツです。
ちょっと説明文が多くてスミマセン。


以前、モモパーツのナスビ形状が気に入らず、真ん中でぶった切ってクサビ型に延長していた部分。
当然、上下のラインが繋がっていないのでここをなだらかに整形したい。

実は、一度ポリパテを盛っていたのですが、硬化不良のため一度全部剥がした状態、が上の写真。
硬化不良は、おそらく私の硬化剤の分量ミス。
でもって、再度やり直し。

とここで、前回記事のコメントで「ベビーパウダー」の話題が出た後、ふと思い出した。
そういやなんか持ってたような...。

ガサゴソガサゴソ...。

...うぉう、あった。
なんだ、粉モノ持っとるやないの。

多分買ったのは10年以上前(爆)
時空を超えて、今ようやく使用w


何やら難しげな説明書きを見つつ、何とか盛ってみました。
とりあえず数分で硬化したっぽい。
ちゃんと使えた!...のだけど、この液体がえらく「クサイ!!!」
瞬着硬化スプレーに匹敵、あるいはそれ以上の異臭、頭痛くなった...。

そして削ってみる...。
固っ!!
金ヤスリでも全然削れん。
アクリル以上の硬さ?!


さらに、硬化してたと思ったが、周囲は硬化不良でブヨブヨだった...。
仕方ないので硬化不良部分は爪で引っかいて剥がす。
うーん、こりゃ汚い。


結局、黒瞬着塗りたくってリカバリ中w
今日はここまで...やれやれ、きれいに仕上がるやろか...。

なんだか、検証記事みたいになってしまいました。
コレ、ちゃんと特性分かって使わないとダメでしたね。
硬化不良はおそらく私が不慣れだったせいで、非常に強度はありそうだし、用途次第では便利だと思うのですが、パテ代わりに使うのはキビしそう。

あと一つハッキリ言えるのは、臭いが気になる方は使わない方がいいです!!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(15)

さて、ここからは再び脚に戻って、きちんと形を出して細部の工作仕上げを進めます。
まずは足首から。


このキット、特に横と後ろの爪が貧弱なんですよね~。
一セット作って複製しようかと思ったのですが、これくらいならプラ板で大きくした方が早いか?と思い直して、その方向で。

プラ板を爪にペタペタ接着。
前方の爪は、WAVEのプラパイプを半切りしたヤツを上にくっ付けます。
パテで太らせた方が早い気もするのですが、食いつきとか加工のしやすさの面で、私個人はプラ材の方が好きなのです。


で、隙間に黒瞬着を充填して、まずリューターで粗削りして、その後金ヤスリとヤスリスティック、スポンジヤスリで仕上げ。
以前ならナイフとサンドペーパーで地道にやってたとこですが、ここはツールの本領発揮!
そして、この段階ではキズの有無はあまり気にしません。


で、爪部分に一度サフを吹いてチェック。
隙間を再び黒瞬着で埋め、キズをスポンジヤスリでならして、再度サフ。
これでおおむね仕上がります。
プラパテは使わない、時短モデリング。
爪の仕上げまで、作業時間は約2時間半。私にしては結構早い方!?

爪の付け根はエポパテで生物モールド入れてみました。
なんかに似てるなー、と思ったら、アレですね。
KFCのクリスピーw
ちょっとやりすぎたかな~、まいっか。


たまには、道具の紹介など。

私は合わせ目処理などにはもっぱら黒瞬着を使っています。
以前はプラパテや溶きパテを使っていましたが、乾燥時間が長く、時間が経つとヒケるので、最近はあまり使っていません。

ポイントは、タミヤの効果促進剤。
付属のハケでパーツにさっとひと塗りして、黒瞬着を伸ばしランナーでちょんちょんと盛り付けると、大体30秒~1分で硬化してくれます。
しかも黒瞬着って、買ってから時間が経つとなかなか固まらなくなるのですが、これならしっかり硬化してくれます。

以前はWAVEの瞬着硬化スプレーを使っていたのですが、これ匂いがニガテなんですよね...。
家族にも評判が悪く。
それでもスプレーを使いたいシーンもあるので、ケースバイケースですね。

...とまあ、こんな感じです。
合わせ目やヒケ処理作業の参考になれば幸いです。


では、告知です。

ただいま、『プリンのプはプラモのプ』のこばゆうさんの企画、
『バイストン・ウェルへもう一度!オーラちからでモデギャラジャック!オーラバトラー祭2017-2018Winter俺は戦士!通称聖戦士復活祭ってことでどうですかシーラ様!』では、一緒にダンバイン関連模型を作っていただける聖戦士の皆様を大募集中!!

締め切りは1月21日、あと一ヶ月ちょっとですが、冬休みのお供にでも!
詳しくは上のリンクまたはサイドのバナーから、こばゆうさんのサイトへGO!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(14)


コンバーター噴射口、ついにウニョりました!!

エポパテコネコネして、棒状にして突っ込んで爪楊枝でツンツン。
たーのしー♪

どのぐらい表面に見せるか悩ましいところですが、前回のコメントで触れたように「魚のエラ」のイメージがあるので、やりすぎないように程々にしておきました。
チラリズム。

さて、コンバーターも大体仕上がったので、脚に戻って細かな工作始めます。

え?頭部?
頭部はですね..ははは...。


ちょっと前はこんな感じ。
首を少し持ち上げて、埋もれ具合を改善したところで首周りの形を作っていこう、と。


んで、エポパテ盛ってみた。
だっ、誰だお前w

目隠しはクリアパーツの保護用なので、そこは突っ込まないでください。
なんか首周りの、そこはかとないコレジャナイ感がw
アヌビス神?スフィンクス?
色合いとパテ造形のエッジのだるさが、石像みたい...。

多分、あごから首のラインも太すぎるんだろうなぁ...なんかメリハリがない。
ちょっとこの辺、全身加工と並行しながら形を煮詰めます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(13)

このところ、ちょっと停滞気味。
毎日、一応手は動かしてるんですがなかなか進みません。

相変わらず、オーラコンバーターをいじってます。
合わせ目を黒瞬着で埋め、金型の抜き方向の関係でヌルくなってるモールドを、百均の精密ドライバーの先端をヤスって作った自作ノミで、カリカリカリカリ。

ココとかココとか。
まぁある意味、普通にプラモ作りの作業し始めた、とも言えますね。


裏側、あまり変わり映えしませんね...。
まだ残念ながらウニョウニョ作業には入れてません。
こちらもプラ板とパーツの隙間を黒瞬着で埋めて、金ヤスリやらヤスリスティックやらでひたすら削り。

この後、サフ吹いて平滑チェックしたら、いよいよウニョウニョします。
さーて頑張るぞー。


では、告知です。

ただいま、『プリンのプはプラモのプ』のこばゆうさんの企画、
『バイストン・ウェルへもう一度!オーラちからでモデギャラジャック!オーラバトラー祭2017-2018Winter俺は戦士!通称聖戦士復活祭ってことでどうですかシーラ様!』では、一緒にダンバイン関連模型を作っていただける聖戦士の皆様を大募集中!!

締め切りは1月21日、まだまだ絶賛募集中です!
詳しくは上のリンクまたはサイドのバナーから、こばゆうさんのサイトへGO!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(12)

頭部の改修は続いていますが、形出しがなかなか決まらず...。
今日は、並行して作業しているコンバーターの方の途中経過です。


こちらが素組みのコンバーター。
全体フォルムはいいんですけども...。
下面のこのぬる~い凹みは一体!?

設定画では黒ベタなので、こういう解釈もあるかもしれんが...。
ボックスアートでもちゃんと噴射してるし、やっぱりここは噴射口としてきちんと開口しましょう。


とりあえずリューターとカッターナイフで開口!
で、コンバーターの上側のパーツに、上げ底のため曲げクセをつけたプラ板を貼ります。
まず厚紙で型を取り、0.5mmプラ板を切り出して、下には2mm角棒で底上げ、上はテンションを使いつつパーツの縁に接着。

なんでわざわざ上げ底プラ板貼ってるのか?について。
ボチューンのコンバーターは、後方と下方に噴射口があり、下面の噴射口が深すぎると、後方の噴射口の供給の説明がつかない。
これは勝手なオレ解釈ですが、ボチューンのコンバーターは、上半分にオーラ力の増幅器があって、後方と下方に噴射してるのではないか、と。
なので、噴射口開口部が上パーツまで突き抜けてはイケナイ訳で、そのための上げ底、という訳です。


んで、開口部には斜めにプラ板を貼ります。
接着面が狭いので、裏からプラ棒&黒い瞬着で補強、トドメに上下面貼り合わせ前にエポパテ団子を入れておきます。
むにゅっと貼り合わせて硬化すると、これが柱になってくれるハズ。
上からガシガシ整形するときにプラ板が外れてしまうのが一番コワいので...。
これぐらいやっときゃ大丈夫かなー!?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(11)

前回の続き、目の透明化&電飾です。

すみません、UVレジン注入した写真撮り忘れましたm(__)m
頭部パーツの表に型取りしたおゆまるをはめておいて、裏からUVレジンを注入!
量は、パーツの厚み+少し盛り上がるくらい。
気泡が入ったら、爪楊枝で取り除きます。


硬化後、表にはみ出したレジンを取り除いて、デケタ!
おー、思いのほかいい感じ♪


さて電飾ですが、今回はコレ使います、ミライト316W。
元は釣りのウキにつける、リチウム電池付きLED。
電池は30時間持つそうです。


んで、これを光らせといて下からブスっと刺す。
おー、光った光った。
光量は弱めですが、ぼんやりした光がちょうどいいかも。
ちなみに、UVレジンは意外と透明度が高くて、そのままだと外から光源が丸わかりだったので、裏からスポンジやすりですりガラス状態にしてあります。

...すっ、すみません、電飾といってもこれだけです。
ハンダ付けも配線も一切ナシ。
ま、ミライトはどろぼうひげさんの本でも紹介されてましたし、初心者にも簡単にできるよーっていうご紹介ということで...(汗)


これも撮り忘れてたので、最後になりましたが使ったレジンはこちら。
セリアの速乾UVレジンです。108円!
安いUVレジンは黄変しやすいとの話もありますが、そこは1年2年経ってみないと分かりません。

目の透明化、消灯時の状態もなかなか趣があって、これはこれで追及していくと面白い生物感が出せるかもしれませんね。


では、告知です。

ただいま、『プリンのプはプラモのプ』のこばゆうさんの企画、
『バイストン・ウェルへもう一度!オーラちからでモデギャラジャック!オーラバトラー祭2017-2018Winter俺は戦士!通称聖戦士復活祭ってことでどうですかシーラ様!』では、一緒にダンバイン関連模型を作っていただける聖戦士の皆様を大募集中!!

締め切りは1月21日、まだまだ絶賛募集中です!
詳しくは上のリンクまたは、サイドの「通称・聖戦士復活祭」のバナーから、こばゆうさんのサイトへGO!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(10)

サイドバーにバナーリンク貼らせて頂きました~(^^♪
こばゆうさん、どうもです!

さて、いよいよ頭部にかかります。


最初はいい出来だと思っていたのですが、やっぱりよくよく見ると横幅がありすぎ?
前方はそのまま、後方で左右1mmずつ詰めました。
これで少しはスッキリした顔立ちになったかな?

それと、目はぜひ透明化したい!
今、HGAB新キットが出るとしたら、きっと透明パーツ化されてるんじゃなかろうか。
ということで、「電飾も視野に入れた」目の透明パーツ化を行います。

電飾します!と言い切れないのは、まだちょっとうまく光らせられるか分からないので...。
(なにしろ電飾初挑戦のイデオンはまだ未完成)


まずはおゆまるでパーツ表面を型取り。


ドリルとデザインナイフで、慎重に目をくり抜き。
とりあえず電飾時の遮光のためにツヤ消しブラックを吹き、ちょっと中が暗すぎたので内側にシルバーを上塗り。

さて、次はいよいよUVレジンを注入です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(9)


手首...なんですが、キットのはなんかドラえもんの手に爪が生えたような...。
ここはひとつ、コトブキヤさんのシャープハンドにお手伝い願います。


指を3本切り出して、エポパテでくっ付ける、っと。
エポパテ部分は例によってまだテキトー、後でちゃんと表面作ります。
生体パーツっぽい感じにしようかな?

指の細さとトンガリ具合が、女性らしくもあり獣っぽくもあり、案外オーラバトラーにマッチしてくれた気がします。


以下、告知です。

ただいま、『プリンのプはプラモのプ』のこばゆうさんの企画、
『バイストン・ウェルへもう一度!オーラちからでモデギャラジャック!オーラバトラー祭2017-2018Winter俺は戦士!通称聖戦士復活祭ってことでどうですかシーラ様!』では、一緒にダンバイン関連模型を作っていただける聖戦士の皆様を大募集中!!

締め切りは1月21日、まだまだ絶賛募集中です!
詳しくは上のリンクからこばゆうさんのサイトへ!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(8)


今日は、剣の延長工作です。

最初は、キットの剣をぶった切ってプラ板で延長しようかと思っていたのですが、まっすぐに整形できる自信がなかったため、コトブキヤのウェポンセットの剣から刀身を削りだす方針に変更。
長さは良好なので、ボチューンの剣に合わせてスリムにしました。
日本刀のように切れ味シャープな剣ではないと思うので、刃の部分は結構ナマクラです。

柄とツバはキットから。
また、根元のディテールを薄手のプラ板で再生しました。
ボチューン製作始まって以来の細かな作業が、楽しい(笑)

サヤも剣に合わせて、プラ材を貼って削り出して、約10mm延長。
ちなみに、延長部分の中に穴開けてないので、剣は収まりません。
今回は「見えないオシャレ」的作業は割愛、見えるところに注力します。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(7)

...あっという間に12月ですよ、もう。
例年この時期になるとバタバタしてくるので、ちょっと心配。
ちゃんと作業できるかな?


さて予定通り、腕の肉付けを始めました。
まだ粗々の状態ですけど。

下腕は、なんか樽みたいな形がイマイチなので、真ん中でぶった切ってクサビ型に伸ばしてメリハリをつけます。
逆に上腕は変な角度が付いているので、真ん中で切って180度回転させてまっすぐにし、すき間をエポパテで延長。

さーて、次は...。
手首を作る前に、先に剣の延長作業に仕掛かろうかな?


さて、告知です。

ただいま、『プリンのプはプラモのプ』のこばゆうさんの企画、
『バイストン・ウェルへもう一度!オーラちからでモデギャラジャック!オーラバトラー祭2017-2018Winter俺は戦士!通称聖戦士復活祭ってことでどうですかシーラ様!』で、あなたも一緒にダンバイン関連模型を作ってみませんか!?

まだまだ参加者絶賛募集中!
詳しくは上のリンクからどうぞ!!
みんな、走れ!!(←いやそれ番組違う)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
479位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR