FC2ブログ

UH-1B:製作記(1)

酒餅途中ではありますが、土曜日に買ってきたタミヤの1/100 UH-1Bを作ってみます。
気分転換を兼ねて、筆塗りでさくっと作ってみたいと思います。

筆塗り仕上げ、何年ぶりでしょう。
エアブラシを手に入れてからは、実は何気に避けてきたスキル。


まずは作らないとですね。
タミヤモデラーズギャラリーのイベント限定品、ランナー3枚、デカールなし、500円。


ミニスケールなので、パチパチッと組んじゃえ~。
回転翼機、ひっさびさだなぁ♪
あれっ?
あっ...尻もち付いたorz

説明書に指定がないと、つい油断しちゃう。
これまで何度この失敗したか...。
しかし失敗の多さは伊達じゃない!


接着済のコンソールにナイフを入れてはがし、2mm径の鉛玉を30発、1.5g分ブチ込んで、瞬着で固定。


よ~し、これでOK。
ちなみに、ローターの接着位置間違えて下過ぎたので直しました。
上の写真と比べると分かるかも。
この直しも、接着剤がほぼ乾いてたのでかなり苦労しました。

しかし、このキットえらく出来いいですね~。
凹モールドだし、各部ディテールも合いの良さも、全然古さを感じさせない。
一体何年前のだ?
さすがタミヤ!

という訳で、いろいろ失敗もあり初日はここまで。


ここから2日目。
とりあえず全体に黒サフ吹きました。

あまり時間がなかったので、2日目はここまで。
のつもりだったんだけど...。


やっぱりちょっとは塗ってみたくなるよね~。
コクピットのグレーを、ペタペタ。
黒サフがあちこち泣き始めますが、それもまたヨシ。
はみ出し上等、ペタペタ。
後でもう一色明るめのグレーを重ねます。


ちなみにサイズ感があまり伝わらないと思うのですが、この位。
1/100なので結構小さいです。

筆塗り習作にはいいサイズだけど、マーキング手書きは筆塗り初心者&老眼にはちとキツイ!?
一瞬、やっぱりデカール作ろっかな~、とか...。
いやいや、せっかくだからサイズなりの解像度で頑張ってみるか!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

タミヤモデラーズギャラリー2018に行ってきました

7月26日~31日の間、池袋の東武百貨店で行われている「タミヤモデラーズギャラリー2018」に行ってきました!
あっしまった、イベント開催の看板撮り忘れた...(^-^;

今回の一番の目的は、ブロ友の「ひるま基地 ~飛行機とその他の模型製作~」のひるまさんのフェアリーソードフィッシュの実物を見ること!
なんと、モデラーで知られる石坂浩二さんが会長を務められている、「ろうがんず」の単品作品賞を受賞されました!
おめでとうございます!!o(*>▽<*)o

ちょうど行こうと思っていた土曜日に表彰式もあるとのこと、ひるまさんご本人にお会いできる機会ということで、行ってご挨拶させて頂きました。
授賞式前後のお忙しい中だったので、作品などについてあまり長くお話はできませんでしたが、連絡先を交換して、後日一緒に飲みに行く約束をさせて頂きました(*^^*)

まずは、ひるまさんの受賞作品から!
すみません、年齢出ちゃってますけどいいですよね?(^-^;

複葉機は作ったことないのですが、1/48でも意外と大きくて迫力あります!


実物を見て感じたのは、迷彩塗装の微妙な色調変化と、デカールがとても自然に馴染んでいること!
ラウンデルもデカールだと思うのですが、馴染み具合といいツヤといい、後から貼った感を感じさせない仕上がり。
ひるまさんの記事だと、ソフター&セッターに加えてドライヤーを使われているらしいのですが、今度ちょっとコツを教えてもらいたいです。

会場には他にも多数の力作が展示されていますが、受賞作を初め主要な作品のご紹介は、私のつたない写真よりも他のブロガーさんに譲るとして...。
私目線でいくつかご紹介にとどめます。


こちらはスケビにも掲載されていた、石坂浩二さんの作品。
筆塗りですがとても繊細なタッチ。
記事によると、ウェザリングに水性色鉛筆を使われてるらしいです。
なるほど~。


こちらは受賞選外の作品ですが、インパクト絶大!
1/35情景模型を作る1/1情景モデル?
手は自分の手を型取りしたのでしょうか?


ボトルシップというのは聞いたことがありますが、ボトルプレーン&ボトルタンク?
どうやって作ってるんだろう!?
ボトルシップみたいに、口からピンセットで部品を突っ込んで中で組み立て?
いや~ムリっぽいなぁ。謎。


魅せ方が秀逸な1/100のサッド。
機体の作りも展示も、どちらもウマイな~。

あと、大型ダイオラマが2作品展示されていました。







これ、一人で作られているんですかね?
途方もない熱量です。
個々のフィギュアの演技が情景を支えるんですね。
ストーリテリング、苦手だからな~、頑張ろう!


惜しくも受賞を逃した佳作が5作品あって、どれも力作でしたが個人的な趣味でこの一点をご紹介。
総合火力演習の10式3両による進軍風景。
うわ~、これでも佳作なのか、というレベルの高さ!


表彰式には田宮会長がご出席され、直接賞状などを授与されていました。
合い間のお話が結構面白かった!
小松崎茂さんと高荷義之さんが、大和とビスマルクどっちが強いかで大喧嘩したとか...。
巨匠のイメージから想像つかない子どものような喧嘩、これも愛情ですね~(^-^;


石坂浩二さん、ご本人!
ひるまさんも直接授与されておりました!
見てるこっちも何故かちょっぴり緊張(^-^;

終始にこやかな笑顔で、出席者にも気遣いを忘れない様子が印象的でした。

あとは、今回のイベントでは物販もにぎやかだったので、いくつかお土産を買って帰りました。
箱物の積みが増えると娘に怒られるので、袋物で←いやいやいや(^-^;


「アウトレット」と銘打たれた、箱なしデカールなしのキットが半額近い値段で売られていました。
1/48 MMシリーズを2つほど購入。
そのまま作るもよし、ジャンクとして使うもよし?
戦車以外にも色々あったのですが、戦車はデカールなくてもまあ何とかなるけど、バイクキットはどうすんだろうなぁ...。

小火器セットは安かったので2個購入。


こちらは、1/100のヘリ3種、これもデカールなし。
ブロ友の「いや、人生は気合だね。」のきたくんさんが、イントルーダーのオール筆塗りで楽しそうに製作されていたのに触発されて。
筆塗りの習作用に、軽い気持ちで作ってみたいと思います。

以上、タミヤモデラーズギャラリー2018のご報告でした。
いつにない長文にお付き合いいただき、ありがとうございました!m(_ _)m

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロメウスタイプ(酒餅8マンエントリ):製作記(9)

今回は、お尻のノズル周りです。


キットは見ての通りのポン付け。
ノズルもレトロな感じ。
もうちょいメカっぽさを出したいなぁ...。
ノズルは穴からのぞかせる感じで。


穴開けついでに、排気?放熱?的な穴を空けてみましょう。
ブロ友のかめしんさんのやられていた「マス目シートを貼ってアタリを付ける」というのを真似して、目印をポチポチ。
どうも「均等」とか「対称」が苦手なんですけど、これは良いですね~!
かめしんさんありがとうございます!!m(_ _)m


後はピンバイスで開口、穴をつなげていきます。
プラは厚みがあるので、裏からリューターで縁が薄く見えるよう薄々攻撃。
うげっ、一か所薄くし過ぎて折れちまった!
詰めが甘いなぁ...。

補修も難しそうなので、これはダメージ表現ということにしましょう!(^-^;
周りに傷をつけてっと。


裏から見るとこんな感じ。
元々、かなり厚みがあるのです。


中身スッカラカンって訳にもいかないので、ジャンクパーツでなんかそれらしいものを作りました。
腰関節パーツにくっ付けとくと、塗り分けと位置決めが楽チン。


さて、組んでみると...。
ぐぬぬ、やっぱり中はほとんど見えないorz

またしても、見えないトコにやたら時間を使ってしまいました...。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロメウスタイプ(酒餅8マンエントリ):製作記(8)

さて、本格的に胴体の工作に入ります。


上半身パーツですが、両サイドのおむすび型の部分に、梨地がかかっています。
鋳造装甲のイメージでしょうか?
それにしては、パネルラインやリベットのディテールとマッチしてないような。
純粋に模型として見たときの変化としてはアリだとは思うのですが...。


合わせ目処理した部分の梨地をうまく再生できなさそうという理由もあって、全体にペーパー掛けて梨地は取っ払っちゃいました。
ついでに、リューターで戦闘キズも追加。


下半身のハカマパーツに、ぶつかってひしゃげた感じのダメージを施します。
装甲の合わせ目にエッチングソーで切れ込みを入れ、ペンチでジワーッと曲げていく...。
パキン。
あっイケネ、割れた。

...黒瞬着でくっ付けてパテ埋め。
やっぱり温めながらやらんとダメだったかなー。

ちなみにすぐ後ろの外板は、後で交換したため無傷(という設定)。


左側には、リューターで弾痕をグリグリ。
小口径だったため貫通はしてない(という設定)。

こんな感じでいいのかな~。
初めてのダメージ表現、ものすごい手探りです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロメウスタイプ(酒餅8マンエントリ):製作記(7)

プロメウスでは何故か股間に配置されてる運転席。


で、くつろぐ運転手。
プライザーの1/87フィギュアをポーズ替え。

どうせ完成したらほとんど外からは見えないので、そのまま乗せようかと思ってたんですが...。
そのままでは席に座れなかったので、せっかくなら、だらけた感じにするか、と。


ポーズ変更の関係で、シートをリクライニングする羽目に。
いやいや、ほとんど見えないんだってば!


ふぅ。
くつろぐわ~。

見えないトコほどいじるの楽しいのは何でだ!?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロメウスタイプ(酒餅8マンエントリ):製作記(6)


足回り、一応工作完了~。
足首前側のシリンダー追加したり、ひざ逆関節の中がスカスカなので中身を入れてみたり。
太ももに続いて、すねにもパネルラインなどを追加。
横はしっかりモールドがありますが、前後はほとんどモールドがなく、その辺を補完していきます。

シリンダーせっかく仕込んだけど、最終的なポーズではほとんど見えないだろうなぁ...(:_;)


足を八の字にしやすくするため、股関節の軸を後方に曲げました。
(太もも側に同方向の軸があるので、効果のほどは微妙なのですが...)
軸を半分エッチングソーでカットして、ちょうど2mm径の肉抜き穴があったので真鍮線で補強しつつ、エポキシ接着剤で固めてます。
超汚いですが、ほとんど外からは見えないので。

さて、次はボディーに移りますか。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロメウスタイプ(酒餅8マンエントリ):製作記(5)

先日の大雨の影響で、中四国中心に大きな被害が出ています。
山口のウチの実家は、幸い無事でした。
今年は豪雪、地震、豪雨と、国内で大きな自然災害が多いような。
ウチも普段から、ちゃんと備えとかないといかんかもしれません...。


さて、いきなり作業台風景。
メインで進めているのは足首と太もも。
ディテール追加と、パネルラインの彫り直しを進めています。


足首の前後に、追加パーツ的なディテールを追加。
ちょっとゴツイ印象になりました。
シリンダーは超適当ですが、スネパーツで隠れてほとんど見えないので、こんなもんで十分。
関節部分はエバグリのパイプをスライスして貼り付け。
貧弱な関節パーツの目隠しになります。
リューターで各部にほんの少し傷をつけておきました。
ダメージモデリングは慣れてないので、ホントにおそるおそる、って感じ。

製作開始して2週間経過、まだ足首一つ仕上がってない...。
ちょっと不安になってきたぞ~(^-^;

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロメウスタイプ(酒餅8マンエントリ):製作記(4)

さて、今回は足首です。

キットのままだとこんな感じ。
キット云々というより、プロメテウスのデザインで唯一気に入らないのが、かかとの上向きのツノ。
これは一体どんな機能を持つパーツ形状なの!?
う~ん、実に建機っぽくない。
なんで、ここだけは形状変更させて頂きます。

ガンプラの適当なパーツを付けて終わり、にしたかったんだけど...。
パーツを物色したものの、ラインが今風過ぎて合わない。


仕方ないので、昔ながらのプラ板箱組!
うん、ダサい。
いやいや、いい感じに、ってことですよ?
ちゃんと狙ってやってるんですから。

...大丈夫だよな?(^-^;

上面の穴は、シリンダーでも入れようかと思って開けました。
つま先も、とがり過ぎてて歩くと破損しそうなので、2mmぐらい切断しました。
この後、ディテールを追加していきます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
479位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR