FC2ブログ

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(12)

SAコンエントリのフランカー、10/31締切でしたが、何とか先程投稿を済ませてきました!
締切はあと2日あるのですが、明日明後日と仕事で遅くなりそうなので、今日投稿しておかないとヤバイ状況でした...。

遅ればせながら、この1週間の追い込み製作の模様をお送りします。


機体後部の焼け表現。
シルバーにクリアーカラーでコートした状態ではなんだかわざとらしく見えたのですが...。
スミ入れブラック(+ちょこっとグレー)を荒っぽく残し気味に拭き取ると、結構いい感じに見えてきました(*^-^*)


キット付属のミサイルたち。
1か所だけミサイルを搭載しないパイロンは、ハセガワのつや消し黒フィニッシュの細切りを貼って、溝っぽいものを再現?


機首のピトー管はさすがに目立つので、金属素材でシャキッと作り直します。

手芸屋さんで売っている、スタイルピンというものと、真鍮パイプの組み合わせ。
スタイルピンは、真鍮線等と比べて先端を尖らせる手間が省ける、のですが...。
そのまま使うと、刺さると痛いので(;_;)、先端を金ヤスリで少し丸めて使います。
真鍮線よりはるかに硬いので結構大変、どっちもどっちだなぁ(^-^;
色合い的に、塗らずに使えるメリットはあります。

青の388号機でも、根元の小羽根がついてない写真があったので、シンプルな形にしました。
途中で換装されたのかな?


本キットの最小パーツ、バックミラーのエッチングパーツ。
机から落とすと絶対見つからないので、緊張感を持って取り扱います(^-^;

前回クレオスのメタルプライマーは簡単に剥げてしまったので、ガイアのマルチプライマーを使用。
これはパーツが小さすぎて、使用感が分かりませんでした...。
またいずれ。


ベース、100均のフォトフレームにスチレンボードをはめ込むだけ。
超手抜きですが...。
まあ、着陸姿勢を保つための台、ぐらいに思って下さいませ。


表面に溶きパテをスポンジでペタペタ塗って、グレーを吹き、スミ入れ塗料をしゃぶしゃぶに薄めてさっと塗る。
オシマイ。
い、いや、もう時間が...(^-^;

ちなみに、1つ前の写真とは機体を支える棒の位置が変わっていますが、理由は後述。


突然ですが、機体完成!
日曜日、デカール貼りと細かなパーツを、途中写真も撮らず黙々とやってましたm(__)m


実は、電源を最後端に位置したおかげで、簡単に尻もちをつく、偶然にも絶妙なバランスに。


なので、目立つ位置に支え棒を付けなくて良いという、これまた偶然の産物♪


ネオジウム磁石で付いている機首レドームを外すと、中からレーダー、ではなくプッシュスイッチが...。
スイッチ・オーン!


着陸灯点灯!


ノズル点灯!

ホントはここはジェットエンジンよろしく、高速点滅させたいところですが...。
主に技術的な問題で、それはまた次の機会に!
今回は写真投稿ですしね。


ここまで撮って、さーて投稿用の写真撮るか、というところで、ふと思い出しました!
前脚の車輪カバーの棒を再現しようと思ってたんでした。
最後の最後で、0.3mm真鍮線を追加。
他はほぼディテールアップなしですが、今回、前脚は一応見どころポイントなので。


という訳で、この後撮影し、メール送信を行いました。
とりあえず、「トイプーじゅんさんを誘っといて自分は落としてしまう」という、申し訳ない事態は避けることが出来ました(^-^;
ひるまさんは間に合うだろうか?頑張ってくださいね!

おっと、今日から酒餅の投稿作品が予定通り公開されているようですね。
明日以降、じっくり拝見します(今日は寝ます...)。
このブログでの、プロメウスとSu-27の正式お披露目もしなくちゃ。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(11)

今日は終日、ほぼフランカー製作に没頭してました。


機体合わせ目の再処理、スミの入れ直しがまだですが、おおむね終わりました。


主翼下面も、思ってたよりは平坦にすることが出来ました。
ヨシヨシ♪


機体後部、エンジン回りの無塗装個所のメタリック塗装に備え、グロスブラックを吹いておきます。
フランカーのこの部分の焼けは独特なんで、うまく塗れるかな~?


他のパーツも並行してチョコチョコ進めます。

こちらはキャノピーですが、中央のパーティングラインを処理して磨いたところ。
透明パーツの研磨、苦手です...。
タミヤのコンパウンド3種でシコシコ磨きましたがピッカピカにはならず、最後若干の曇りはスモークグレー吹いて誤魔化した(^-^;


マスキングして、フレームを塗装。
まずはコクピット内部色のエアクラフトグレーを吹きます。

んでこの後、機体色の迷彩ブルーを吹く。
キャノピーフレームに迷彩の境界が来てるので、ちと面倒。


吹き終わって乗せてみます。
若干、機体より色が明るくなってしまったようです...。
機体に仮止めして、様子を見ながら吹いた方が良かったですね。
おまけにラインも少しずれてるし。
リタッチして、色味はスミ入れ・汚しで馴染んでくれるかな?


写真が前後しますが、ミサイルも塗り始めました。


フィンのグレーまで塗り分け完了。
ミサイルの塗り分けは、後は先端のシーカーぐらいです。

エンジン回りの塗り分けをもう少し進めたかったけど、疲れたので今日はここまで。
肩がこるほどプラモ作ったの久しぶり。
さて、機体が金曜日までに完成すればベストだけど...。
急な残業が少ないことを祈ろう。( ̄人 ̄)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(10)

残り10日、追い込みに入ってます。


ハンダ付けの良しあしはともかく、配線作業、意外とスムーズにできました。
とりあえず点灯チェック、OK!(`・ω・´)b


機体内配線を100均のホットボンドで固定していきます。
初使用ですが、これがまた糸引きまくり...。
離すときのコツがあるんでしょうね。後で調べてみよう。

配線が長すぎて、機体中央でぐるぐる巻いてしまいました(^-^;


予め組んであったコクピットを接着し、さあいよいよ蓋を閉めますよ!
忘れもんはないかな?
パイロンの穴ちゃんと開けた?(←よく忘れる(^-^;)




乾燥後、合わせ目整形。
合わせ目の黒瞬着が痛々しい...(ノω;`)

主翼裏のツライチにする処理がメンドそうだなぁ...。
ここはパイロン付けたりで見えづらくなるので、多少粗くてもよしとするか。

ここまでくれば後は普通のプラモ工作なので、頑張れば何とか行ける?かな!?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(9)

今日は久々に早く帰れたので、数日分の作業をサクッとアップします。


前回とりあえず3色迷彩吹いたところから、各色の明度を上げた色でパネルラインを避けて吹きます。
退色表現っぽい感じで。
Su-27の実機がこんな感じで退色してる写真は見たことがないので、あくまで模型的表現と思って下さいな。


電飾のスイッチですが、考えた末、機首に仕込むことにしました。
レドームを外してスイッチを切り替えるのが、完成後一番操作しやすいんじゃないかと。
レドームはネオジウム磁石で着脱するようにします。
ここは最終的にピッタリ合ってないと、非常にカッコ悪い。
大丈夫だろうか...。


ダークグレーでスミ入れ。


ノズル内部に仕込む砲弾型LED。
最初はマゼンタ一色で塗ってたのですが、ちょっと思いつきで、先端をマゼンタ+イエロー、根元をシアンにしてみました。


ノズル内部の反射が面白い感じ。
リアルかどうかは別として(^-^;

というか、ノズルのど真ん中にLED仕込んだだけじゃ、噴射炎には見えないですね~。
ノズル内部をちゃんとくり抜いて工作しないと。
次回挑戦時は頑張ります!

外装工事は一旦ここまで、いよいよ機体内部の電飾作業です!
今週末でどこまで進められるかが、10月末締切りに間に合うかどうかのキーポイントになりそう。

ろうがんず杯2018に行ってきました

昨日の日曜日は、同じ関東にお住いの、ブロ友の「ひるま基地 ~飛行機とその他の模型製作~」のひるまさん、今回は「ろうがんず杯」に参加されるということで、応援を兼ねて見学に行ってまいりました!


14時、たまプラーザの会場に到着。
では早速、突撃!



まずはひるまさんの夜戦型メッサー!
筆塗りとブラシを併用されたという迷彩、色合いに深みがあって、実にいい色でした。
話を聞いてちょっとびっくりしたのは、アンテナ線は金属化した真鍮の支柱に穴を開けて、線を通して結んでいるとのこと!

単品作品は多くはなかったですが、キットを丁寧に作られてるためか、結構じっとのぞき込んで見ておられる方が多かったですよ!


さて、他の方の作品もいくつかご紹介。
リンク先のひるまさんのブログにも多数の写真がアップされているので、なるべく被らないものをセレクトします。


40cm×40cm使っていいレギュレーションなのに、こじんまりした1/72のフォッケを作っちゃうアナタも小さな模型好きですね!


こちらはデカイ、1/72だけど2機ジオラマ、ファイナルカウントダウン。
映画の内容はよく覚えてないけど、やっぱりジョリーロジャースはカッコイイ。


作り込み、塗装も丁寧なスピットファイア。




F/A-18 3連発!


1/700艦船模型も多く見られました。
みなさん、1/700の人間を丁寧に配置してらっしゃるんですよね。



これはちょっとびっくりの1/700フランカー!
「キャノピーはヒートプレス」って、いやいやいや!
うー、マクロでピントが合わん...。
ちなみにこの方は佳作入選でした。


エアモデルとAFVをうまく組み合わせて組んでらっしゃいます。
1/72ならではですね。


1/32 Ar196、明るい色合いにこだわられたとのこと。
ベースの大砲も力作!
この方は優秀賞。


これまた、1/32を丁寧に朽ちさせてらっしゃいます。
もはやアート作品。


スケール違いの3種の飛行機で奥行きを表現。
フジミのハチロクは私も昔作りました。


色合いが魅力的なジオラマ。
不勉強で知らなかったのですが、Uボートってこんなに小っちゃいの!?
こわっ。


そしてこちらが大賞受賞の作品。
なんと今回初参加だそうです。
夢が広がりますね!


最後に、石坂会長のトークショー。
司会進行は、どこかで見たことあるなぁ..と思ったら、テレ朝の松井(元?)アナだそうで。
ろうがんずのメンバーということで、石坂会長との掛け合いも絶妙でした。
狭い会場内で多数のお客さんが聞いていたのですが、後ろの方も見やすいように、前のお客さんは自然にそっと座って聞く...。
いやー、日本人って素晴らしいなぁ(*^-^*)

ひるまさんとは終了後、少しお茶飲みながら模型トーク。
一人見学では味わえないひと時を過ごしました。
またよろしくです!

取り留めないレポートでしたが、やはりレベルの高いろうがんず杯でした、ということで刺激を頂いて帰りました!
あとは、2週間フランカー頑張る!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(8)

フランカー、次は迷彩塗装。
まずは塗料の調合から。


とりあえず、(ほぼ)キットのインストどおりで試し吹き。
濃いブルーは、インストより青濃いめ(好みで)。
インスト指定のインディブルーが切れてたので、近似色のガンダムブルーで代用(^-^;

Su-27の迷彩色は写真によってかなり色味のばらつきがありますが、割とボンヤリした印象。
ちょっと緑に寄った青で、多分このまま塗れば、ほぼSu-27のイメージになると思います。
が、今回は模型的見映えと好みを含めて、少し変えてみます。
色味をブルー寄りにし、明度差もつけて少しはっきりした印象にしてみたいと思います。


ということで、濃淡ブルーは#72を基調に混色し直しました。
まずは全体のライトブルーから吹いていきます。
下面は同一色の単色塗り。
後で退色表現のグラデをかけるので、この時点ではやや暗めにしてます。


前回クフィルから使い始めたパンツァーパテ。
太くすると自重で垂れてしまうことが分かったので、少し細めにして使うようにしました。
反対側に吹きこぼれないよう、細吹きで注意して塗り分けていきます。


機体の濃淡ブルーを塗り分けたとこ。
グレーはまだ吹いておらず、見えているのは下地塗装です。
なかなかいい塩梅の色合いになりましたね~(*^-^*)


おっと、切り飛ばした動翼がほったらかしだったのを思い出しました!
迷彩のラインが合わないとカッコ悪いので慌てて仕上げます。

...と、ここで切り離したライン上の細かなモールド再生に手間取る(^-^;
スルーすりゃいいものを、細かなディテール工作の魅力に勝てません。
この作業で2日ほど消費...。


動翼部分はヒケも大きかったので表面処理しつつ、待ち時間でミサイル類も組み立てておきました。


再び迷彩塗装。

パンツァーパテ、吹く直前にインスト見ながらペタペタ張り付けて吹いて、吹き終わったら即剥がして次、のやり方がいいみたい。
あちこち同時にマスクすると、変なところにくっつくわ、垂れるわで大変。
でも慣れてくると使いやすいです。
練り消しから切り替えたときは、「固くて使いづらいわ~、高かったのに~」と思ったものですが...。
なかなかどうして、値段相応にいい仕事してくれそうです。


動翼、尾翼含めて、一通り三色迷彩吹き終えました~。
んじゃ、次は退色グラデ、行ってみますか!

さて明日は、ブロ友ひるまさんの参加される、ろうがんず杯に行ってきます!
ひるまさんのメッサー、なかなかシブイ仕上がりになりそうで、実物見るのが楽しみです~。
ではまた!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(7)

フランカー、インテーク内を先に仕上げてしまいます。



フランカー、離着陸時には下の補助インテークが開いて空気を取り入れるユニークな構造。
そして、その時はインテーク内の金網がパコッと立ち上がって、小石などの異物を吸い込まないようになってます。
滑走路の整備が行き届いてないロシアならでは。
それにしても金網って、なんとアナクロな...。


さて、ここからちょっと飛行機モデルとしては変則的な手順になります。

普通は機体を貼り合わせてから塗装、スミ入れとなるのですが...。
今回は機体内部に電飾配線を施す関係で、前脚を先につけなきゃならない。
前脚を付けた状態で貼り合わせ、塗装、汚し...なんて長い工程を、前脚を破損せずにやり切る自信が全然ありません。

なので、上下面貼り合わせの前に塗装とスミ入れをできる限り終えておきます。
貼り合わせ部分は後で補修しなきゃいけませんけどね。


まずは下地のグレー塗装。

使用するエアブラシは、先日gyoさんから譲り受けたアネスト岩田のHP-TH。
平吹きができるので、大面積塗装に最適!
この1/72フランカーのサイズでは正直、HP-THの真価を発揮するにはこれでもやや食い足りないのですが...。
まずは我が家での初陣、サクッとこなしてもらいましょー!


まず、丸吹きキャップで凹部を塗っておいて...。


平吹きキャップにチェンジ、残った部分を塗りつぶし。

塗料濃度、距離、エア圧の感覚はまだ探り探りながら...早い!
普段使ってるクレオスのPS-266と比べると、半分ぐらいの時間で塗り終えました。
この位の面積になるとムラなく塗りつぶすのって結構大変なんですが、ストレスなく終了。

HP-TH、これはいいよ!
デカい模型作りたくなりますね~。

とりあえず今日はここまで!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Su-27 フランカー(SAコン2018エントリ):製作記(6)

酒餅のプロメウス、ご報告できていませんでしたが、無事投稿することが出来ました。
皆さんの作品を拝見するのが待ち遠しいですね~。
公開まで気長に待つとしましょう。

このところイベント続きの上、今週に入ってから平日は残業が多くて、なかなか更新できていませんでした。
3週間ぶりのフランカー記事の更新です。
えっと、どこからだっけな?(^-^;
そうそう、超音波洗浄まででしたね。


平日も短時間ですがちょこっとずつは進めておりました。
ノズル内部はインスト指定は黒鉄色ですが、電飾の反射効果を狙って、シルバーで塗装予定。
エッチングパーツはメタルプライマーを筆塗りしておきます。
コクピットは普通にサフを吹きましたが、プロメウスで味を占めた黒立ち上げのため、この後上から黒サフを吹きました。


前脚の塗り分け、まずはライト裏側のシルバーをブラシで吹きました。
電飾済みの上からマスキングするのは破損が怖いので、境界付近のライトグレーを筆塗り。


その後、他の部分をブラシで吹いて前脚を塗り分けます。
タイヤ部分は、この後アクリル塗料で筆塗りします。
コクピットは、黒立ち上げで陰影を残しつつブラシで塗り分け。


パイロットはキットに入ってないので、「ロシア エアクラフト ウェポン セット」から調達。
ヘルメットの酸素ホース、細っ!
まるでフジミのキット、折らずに組む自信ないなぁ。

それにしてもこのフィギュア、やけに足細くて股が開いてるな...。


これにはちゃんと理由がありました。
センタースティックが無改造でちゃんと持てるようになってるのね。
ナルホド!


少々粗いですが、塗り分け完了。
スーツはカーキの指定でしたが、スケビの作例でも青の388はブルーのスーツを着ていたので、青にしました。
昔のガンダムカラーです(^-^;
頭でっかちのヘルメットが、今どきっぽい。
ホースはなんとか折らずに済みました。

コンソールは、エッチングの上からデカール貼り。
微妙な凹凸ですが、多少の立体感が表現できました。


前脚のライト部分の透明パーツ、表面がヒケてるのがちょいイマイチ。
今回ココがいわば見どころなので...。


100均の光硬化クリアーレジンを、表面張力で盛り。
透明度も上がって、いい感じになりました。

締切りまであと3週間!
まだやることいっぱいです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
479位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR