FC2ブログ

エルガイムMk-II(酒餅009参加):製作記(1)

いよいよ今年の「酒餅009」、エントリー受付が昨日から開始されました!
1日でなんと50以上のエントリーが!!


急いでエントリした私のキットはコレ、1/144 エルガイム マークII!
実家に積んであったヤツですが、ありゃー、インストちびっと虫に食われてるw

今年は是非HMで参加しようと、GWに帰省した時に実家から持ってきといたモノです。
念のため、一緒に持ってきたオージェとアシュラテンプルはもう既にエントリーが!
(酒餅はネタかぶりNGなのです)
アブナイアブナイ、本命のコイツが空いててよかった♪

今回は、ちょい改造でプチカッコよく、筆塗りメイン、をテーマに作りたいと思います。
普段は完全にエアブラシ派なので、いったいどうなることやら...。
酒が入って、思いもよらずいい感じになることを祈ります(^-^;

とりあえず製作開始は、MARIKO JET完成後、の予定です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

モデルアート飛行機模型GP、結果発表~!

このところ、飛行機系コンペでご一緒しては、打ち上げと称して一緒に飲みに行っちゃってる(^-^;、「ひるま基地 ~飛行機とその他の模型製作~」のひるまさん。

今回は、歴史あるモデルアートが令和元年にお届けする、「飛行機模型グランプリ」!
5月27日(月)、ひるまさんとの約束の地、新宿へ出撃!!


あっ、しまった。
飲み屋での写真、一枚も撮ってないじゃんorz
臨場感ないですけど、とりあえず表紙。

今回の応募総数は、392点!
さっすがモデルアート!
探すの大変です。
えっと、オレのはどこだ~ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ


ありました!
私のスカイホーク。

切手よりは少し大きめサイズ。
何より、全作品カラー掲載ってのが嬉しいですね!
ま、私の作品はモノクロ掲載でも変わんない、という噂も...(^-^;
地味だけど、自分では結構気に入ってる作品です。

ひるまさんのも、もちろんありました。
ご自分のブログに載せられると思うので、お楽しみに!


おっ?
タイトルページの写真にも採用されとるではありませんか!
注目して頂けて嬉しいです!!

しかし、せっかくなら別アングルの写真にしてほしかったなぁ...。
ん?
待てよ...。

エントリに送信したメール確認したら、1枚しか送ってませんでした...orz
「掲載は1枚です」「3MB以内」って書いてあったんで、規定内でなるべくデカい写真送った方がいいのかな?と思い、1枚にしたんでした。
せめて2、3枚送っとけばよかったー。


さて、話は戻ってひるまさんとの飲み会。
いつも通り、テンションの上がる模型談義!
お互い今作りたい模型の話なんかすると、もうモチベーションがうなぎのぼり!
今回も製作意欲をたっぷりと頂きました。
気が付けば1軒で3時間半、えっ!もうこんな時間!?
あっという間のオフ会でした。

ひるまさんとのコンペ参加、今んところSAコンと、マツムラさんのハセガワコンテストはルーティーンですので。
次回もよろしくです!(^o^)/

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Peach AIRBUS A320 "MARIKO JET":製作記(8)

MARIKO JET、塗装も一段落したのでデカール貼り始めました。


メインイベントは、垂直尾翼のロゴと、機体側面の窓と一体化されているスペシャルマーキング。
ですが、まずはエンジン周りから始めて、デカールの特性を確認します。

旅客機模型は失敗の誤魔化しがやりづらいので、少しだけ慎重に。
ぬるま湯を用意、カップウォーマーで保温して作業しました。
但し、ウチのカップウォーマーは非力なので効果がイマイチ。


糊の溶ける時間とフィルムの硬さが大体分かった所で、垂直尾翼のロゴにかかります。
余白のニスはなるべく切り取り。
が、貼り込んだ時に文字と文字の間でちぎれてしまい、バラバラになった文字を1つずつ並べ直す羽目に...(-_-;
反対側は、最初から2文字ずつ貼ることにしました。

そもそも、余白のニスはそこまでギリギリカットしなくても良かったかも...。


垂直尾翼が終わったら、スペシャルマーキングと窓。
ちょっと長すぎて貼りにくそうなので、中央のドア部分でカットして分けて貼ります。
こっちはニスはカットしませんでした。
さほど目立たなそうだし、散りばめられた細かい★をカットするのは無理(>_<)


メインイベント終了~\(^o^)/

最初はセッターを使ってましたが、デカールが柔らかくなると位置合わせが難しくなるので、途中から使わなくなりました。
改めて、作業を整理すると...。

ぬるま湯で浮かせたデカールをそのまま貼り、位置合わせして、綿棒、広い面はティッシュで手で押さえて、ある程度水を追い出す。
表面からマークソフターを塗り、シワシワのまましばらく放置。
時折、ドライヤーを遠くから当ててデカールを柔らかくしたり、濡らした綿棒で押さえたり、またソフター塗ったり。
なるべくモールドに密着できるよう作業しました。

いろいろやってますが、なかなかデカール貼り作業の作業フォーマットが確定しない私...。
ちょっともう一回、ハウツー本見直してみよう。

とりあえず峠は越えました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Peach AIRBUS A320 "MARIKO JET":製作記(7)

なんかあれこれお手付きだらけで、カオスな状態になってきた。
そろそろ令和初の完成品も欲しい。
一番ゴールが近いのはこれかな?
MARIKO JET。


最後の4色目、指定色Aを吹きました。


おー、これぞピーチカラー!と自画自賛の図。


しかし、これで終わりではありません。
ちょっと面倒な、前方と後方に指定色AとBで細いラインを追加。


ついでに、前脚カバーと翼端フィンを塗って、基本塗装は一段落。
大きなミスなく終われてホッとしました~。


少々修正が必要な箇所があるので、直しておきます。
ピンボケで見苦しくて申し訳ありません。
マスキングで隙間が空いたり、ラインがガタガタしてる部分を面相筆でタッチアップ。
機体全体をチェックして、補修していきます。


アップだと仕上がり粗くて恥ずかしいのですが、肉眼では許容範囲、ということにしておいてください。

後は細かい部分塗装と、残る難関のデカール貼り、です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

A・トール BS:製作記(4)

一通りのパーツの下地を吹き終えました。


いい感じで収まっております♪
※右下の一角だけ、別モノが入ってます。
 「タンスの肥やし」みたいなもの、気にしないでください(^-^;

さて、黒+サフで下地としましたが、やっぱりメタリック塗装の下地としてはきちんと光沢を出しといた方がいいのかなぁ...。
と、ちょっと気になりまして、テストです。


左が今回の下地(ウイノーブラック+サフ)、右がその上からウイノーブラックを重ねたもの。
ツヤピカとはいきませんが、そこそこ光沢は復活しますね。


以前からMHに塗ってみたかった、偏光メタリック塗料。
ガイアノーツの135 プリズムブルーグリーンを使ってみたいと思います。
値段が400円台、この手の塗料としてはお手頃なお値段。

一番左の黒+サフ下地に吹いたものは、真ん中の黒下地と比べると、色合いがくすんで見えますね...。
外装にはやはり黒を吹いておくか。

右のは、緑を強調したいのでクリアーグリーンを上から吹いてみました。
こうしてみると、普通のキャンディ塗装に見えちゃいますね~。


強い光に当ててみると、青みが出てきます。
写真だと微妙で分かりにくいのですが...(^-^;

クリアーグリーンをかけてるので当然緑寄りになりますが、偏光性能が損なわれるという訳ではなさそうです。


もうちょい劇的な変化があった方がいいのかな?ということで、134 プリズムパープルグリーンも試してみます。
こっちも右側はクリアーグリーンを上から吹きました。
こちらはぱっと見、メタリックパープルそのもの。


光が当たると緑が出てきます。
偏光の効果はこっちの方が分かりやすいですね。
いわゆる「玉虫色」っぽい。

光を当てない状態があまりに「紫」なので、A・トールはやっぱり135 プリズムブルーグリーンの方で行きます。


余談ですが、関節色を選ぼうと、かなり前に買ったスーパーメタリックのクロームシルバー(今は廃盤)を久々出してみると、ガンメタに変質してました。
右側の、昨年廃盤直前に購入したものと比べると歴然。
多分これは塗料の性能云々ということではなく、金属色の宿命なのかなと。
メタリック塗料は新鮮なうちに使おう!ってことですかね。

とりあえずこれはこれで、ガンメタとして使うか...(^-^;

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

A・トール BS:製作記(3)

なんか、ブログとツイッターの連携設定し過ぎて、予期しないツイートまとめ記事が自動生成されてしまった。
「ブログ更新しました」のツイートをまとめてブログ記事にしてどうすんだ(+o+)
そっちの連携を外したので、今度は大丈夫、なはず...。

それはそうとGW明けて、やらなきゃいけない事ややりたいことが色々出てまいりまして、A・トールはすっかりノロノロ運転。
先週末、ようやく一通りのパーツが処理完了。
ふぅ~(-_-;


なんかしかし、この写真ではイマイチ一段落した感が湧いてこない...(^-^;


気を取り直して、塗装準備。
ゲートが太かったこともあり、結構粉まみれになっているので、一旦全パーツを超音波洗浄しました。

MHのキットは、パッと見ただけではどこのパーツだか分からないものが多数。
割りばしで各部位ごとのパーツを区切ってますが、子供にひっくり返されないよう要注意!


洗い終わった後になって、太ももパーツの後ろに合わせ目ができるのに気づいた...。

ひざ関節パーツのブロックを挟み込む構造なのですが、おおっ!
後ハメが苦手な私にも分かりましたよ!
ココを切り欠いてくれ、ってことですね!
ボークスさん!!


んじゃ、下地塗りに入りまーす。
まずは脚から。

今回、関節・外装ともにメタリック系の仕上げにしたいので、黒の下地を作ります。
GX2ウイノーブラックに、若干のサフを混ぜたもの。
サフは気休め程度ですが、いきなりグロスブラックだけだとキズ埋め効果や食いつきが不安。

実は、最初はいつものグレー+サフを吹いたあとグロスブラックで下地を作ろうと思ってました。
しかし、よく考えると最後のクリアーまでで5工程ぐらいあり、さすがに多すぎるかと。
かかる手間と塗膜の厚さを考えて、下地で1工程減らした、という次第です。

さて、この手抜き?が後々どう出るか!?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

05/08のツイートまとめ

gorimodeler

Twitterはじめました。ブログ更新報告してみたけど...これでいいのかなあ...探り探り。#はじめてのツイート
05-08 00:22

A・トール BS:製作記(2) https://t.co/Kkmnofts32
05-08 00:18

A・トール BS:製作記(2)

大型連休も終わり、時代は変わって令和の時代となりました。
このブログも私も、これまで通り趣味の模型作りを中心に発信していけたらと思っています。
これからもよろしくお願いします~m(_ _)m

連休中、しばらく実家の山口へ帰省してのんびり過ごしてきました。
大阪の大学に進学した長男とも久々の再会。
元気そうで何よりです。
キャンパスライフ楽しんで来いよ!

で早速、連休中のA・トール仮組み報告ですが...。


結果から言うと、終わりませんでした...orz
左の袋に入ってるのが処理済パーツ、右側半分が未処理パーツ。

接着できる所は接着して、ゲート処理しながら、なので正確には「仮組み」じゃないか?
でもやっぱり、パーツ数多いよぉ。

「パーツ処理してるだけで、組み立ってないじゃん?」というご指摘もあろうかと思います。
私も形にしたかったんですが、ダボが緩いのと、パーツが細かくて色分けに沿って分割されているので、接着もできず、かといって旧キットみたいにマスキングテープでベタベタと形にもできず。
もうここはボークスさんを信じて、
パーツ整形→パーツごとに塗る→スミ入れ→組み立て
という、バイク模型のような作り方で進めていきます。
思えば、黒騎士もそんな感じでした。


青い箇所がまだ未処理の部分。
あとちょっと、と言えなくもない?


東京に戻って、ちょこっと進めた部分。
肩のラウンドバインダーにつながる、副腕パーツです。

伸縮スライド式なのですが、ガタツキが激しいので0.14mmプラ板を貼り付けてみました。
少しはシャンとしましたが、塗装剥げるだろうなぁ...。


ところで、令和になったから、という訳ではないのですが、Twitterのアカウントを作ってみました。
分かる範囲のブロ友さんをフォローさせて頂いたところですが、さてどうやって使ったものか?(^-^;

正直、今の私には「時折ブログで近況を発信」ぐらいの頻度が合ってる気がしてまして。
先々は分かりませんが、当面は「ブログ更新しました」の報告ツイートぐらいが関の山かも...。
実はそれすらもまだよく分かっておらんのですが(^-^;
ま、ゆる~くお付き合いくださいませ。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
479位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR