FC2ブログ

ボチューン(聖戦士復活祭エントリ):製作記(12)

頭部の改修は続いていますが、形出しがなかなか決まらず...。
今日は、並行して作業しているコンバーターの方の途中経過です。


こちらが素組みのコンバーター。
全体フォルムはいいんですけども...。
下面のこのぬる~い凹みは一体!?

設定画では黒ベタなので、こういう解釈もあるかもしれんが...。
ボックスアートでもちゃんと噴射してるし、やっぱりここは噴射口としてきちんと開口しましょう。


とりあえずリューターとカッターナイフで開口!
で、コンバーターの上側のパーツに、上げ底のため曲げクセをつけたプラ板を貼ります。
まず厚紙で型を取り、0.5mmプラ板を切り出して、下には2mm角棒で底上げ、上はテンションを使いつつパーツの縁に接着。

なんでわざわざ上げ底プラ板貼ってるのか?について。
ボチューンのコンバーターは、後方と下方に噴射口があり、下面の噴射口が深すぎると、後方の噴射口の供給の説明がつかない。
これは勝手なオレ解釈ですが、ボチューンのコンバーターは、上半分にオーラ力の増幅器があって、後方と下方に噴射してるのではないか、と。
なので、噴射口開口部が上パーツまで突き抜けてはイケナイ訳で、そのための上げ底、という訳です。


んで、開口部には斜めにプラ板を貼ります。
接着面が狭いので、裏からプラ棒&黒い瞬着で補強、トドメに上下面貼り合わせ前にエポパテ団子を入れておきます。
むにゅっと貼り合わせて硬化すると、これが柱になってくれるハズ。
上からガシガシ整形するときにプラ板が外れてしまうのが一番コワいので...。
これぐらいやっときゃ大丈夫かなー!?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

この開口のテクニックが凄い!
全開のアイの抜きも綺麗だったんで驚いたんですが、
自分の雑さが嫌という程身にしみます・・・(汗)

オーラコンバーターはオーラバトラーの見せ場の一つだと思ってるんで、
ここからどのような細工が入るのか楽しみです!
けど、旧キットの切り貼り楽しそうだなぁ~(笑)
では、また~

No title

テツさん、こんばんは~。

これ、私もやる前は「大変だなー」と思っていたのですが、凹みのラインに沿ってリューターでえぐると割と簡単に開口できました。
球型のハイスカッターを使用。
いやホント、文明の利器ってスゴイですわ!

んで、直線部はカッターでスジ付けてパキッと。
切断面は金ヤスリでゴリゴリしたまま、左右も非対称で、実は写真で見るほど現物は綺麗ではなかったり...(汗)
ま、どうせ後から盛って整形するので、プラ板貼るとこだけちゃんと直線が出てればいいかな、という感じで。

>けど、旧キットの切り貼り楽しそうだなぁ~(笑)
私は、テツさんのブログで楽しそうで仕方なかった、パテウニウニをもうすぐ出来るのが楽しみで!
コンバーターの噴射口で初ウニウニです!!
うふふふふ...。

No title

オレ設定、いいっすねー。
形や機構の意味や構造を考えて、裏付けのありそうな、それらしい嘘を造ることの積み重ねが
架空のものにリアルを与えるんですよね。

No title

どーも、kohi123です。

えッ!? オーラコンバーターってオーラバトラーの見せ場の一つなんですか?

私はコンバーターはテキトーに作るつもりだったのですが、goriさんの丁寧なコンバーター工作を見たら……見なかったことにします。

後から始めたgoriさんにどんどん差を縮められてくるプレッシャー…、
みんな僕を置いて行かないで……。

No title

gyoさん、こんばんは!

オレ設定、あれこれ考えてる間が楽しいですね~。
完成して気付いてもらえる種類のものじゃないですけどw

たまに、鋭い観察眼と柔軟な発想の持ち主がいらっしゃって、「そのディテールにはそういう意味があったのかー!」とびっくりさせられることがあります。
そういう域まで行けちゃったりするといいのですが、まだまだ道半ばですねぇ。

No title

kohi123さん、こんばんは!

見せ場は人それぞれだと思いますねー。
私は、「コンバーターから内部のウニョウニョが見えてる様」フェチなので(?)、まぁ個人的に若干盛り上がってますがw

kohi123さんの見せ場といえば、やっぱり...アレっすかね。

No title

こんばんは!
コンバーターの細工はナマモノ工作に次ぐオーラバトラー制作の醍醐味だと思います!
しっかり解釈を持っての工作良いですね(^_^)
僕は行き当たりばったりばかりなのでしっかり仕組みまで考えてやれるのは凄いと思います(°Д°)

No title

こばゆうさん、こんばんは!

コンバーター部分は、生物と機械のはざまで、どの辺のイメージにするか悩むんですよね~。
いくら不思議メカとはいえ、人間が作ったものなんだから、我々が理解できる仕掛け(例えばジェットエンジンとか)との類似性はあるんじゃなかろうか、とか考えつつ。
あんまり考えると手が止まっちゃうので、ほどほどに...。

No title

goriさん、こんばんは!

こういう設定的な縛り大好物ですw
gyoさんやこばゆうさんが書いておられるように、
こういったこだわりが説得力を産むと思ってるので、
模型への向かい方が素晴らしいと思います^^

がんばって!

No title

かさ兄さん、こんばんは!

「いかにもホントにありそうな嘘」っていうサジ加減にワクワクしてしまうんですよね~。
異世界の機械というトンデモな存在と、現実味がある部分の振れ幅が大きいほど楽しめるんじゃなかろうかと。
これからも、ちょっとずつでも何か盛り込めたらなーと思ってます。

かさ兄さんの作り方とか考え方のテキスト、すごく参考になります!
ドラムロ製作記、楽しみに拝見しますね!
プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3672位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
491位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR