クフィル C2:製作記(2)


すり合わせ調整も大体終わったので、コクピットを塗り始めました。
このキット、細かいパーツが非常に多いです。
コクピット後部隔壁にある、キャノピー開状態時の押さえ棒と思われる1mm程のパーツ(青矢印)が、接着時にピンセットからピーンと飛んでしまったΣ(T□T)ガーン
探すこと数十分、諦めかけたころにようやく見つかりました。
やれやれ。


機首下部のアンテナ、繊細すぎて途中でもげる事間違いなし!
0.1mm厚の真鍮板で作り直しました。
根元を長めにとって、左右機首パーツで挟み込んであります。
(接着前の写真、取り忘れましたm(_ _)m)


主脚格納庫、驚異の7パーツ構成!
壁1枚1枚が1パーツで、箱組みする構成なんですね~。
パーツ数が増えた分、組み立てが上級者向きになってる感じ。
その分、立体的で精密感あふれる造形になっています。

今後も細かいパーツがたくさん出てくるので、パーツ紛失&老眼との勝負か!?(^-^;

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

ヤマト2202の第四章はいかがでしたか?

折れそうと思ったところは大体折れるので(笑)、あらかじめ真鍮で作りなおしておくあたり、堅実で流石ですね!

主脚格納庫の壁が一枚一枚別パーツはやりすぎな気がしますが、メーカーとして細部表現にこだわりがあるというのが伝わってきますね。その分作りにくいところがあるのではという感じも伝わります(笑)

私も最近見えないので、パーツ細かいと大変だと思うのですが、完成まで頑張ってください!

No title

ひるまさん、こんばんは~。

ヤマト2202第4章、早速楽しんできました~。
公開初日なので、ここで多く触れるのはやめときますね。
ただ、レイトショーとはいえ公開初日にしては空席が多かったなー。
大丈夫かいな?(^-^;

アンテナの金属化は、うん、まぁ、この手のヤツはたいてい壊してきましたから(^-^;
細部のディテールが精密化すればするほど壊れやすく、作りにくくなるというジレンマでもありますね...。

多少作りにくくなっても再現性に重きを置いてくれる方が、私個人的には歓迎したいと思ってます(*^^*)
ただ、初心者がとっつきにくいものばかり出して、模型人口が縮小してしまうのも困るし...。
その点、バンダイのメカコレとかは、絶妙な塩梅だと思いますね~。

No title

こんにちは~

ピンセットでの細かいパーツのピ~ンは
ほんとショックが大きいですよね~
自分もよくやって結構パーツを紛失していますが、
goriさんは今回発見に至ったようで安心しました!(笑)

細かい作業が続くようですが、老眼に負けずにガンバです!
では、また~

No title

テツさん、こんにちは~。

パーツ紛失、ピンセットでの組み立て時と、ランナーからナイフで切り出すときが要注意。
ハッ!!と気が付いたときにはもう視界から消えてる。
小っちゃいパーツだと、飛んでった先が近くなのか遥か彼方なのかさえ分からない。
あれ、なんかいい方法ないもんですかねぇ...。

No title

goriさんこんばんは!初コメ失礼します。
クフィル、カッコいいですねー!
自分飛行機好きなのですが全然詳しくなくて…クフィルの存在もミラージュの兄弟機というのも初めて知りました。
完成したらどんな姿になるのか楽しみであります(^^)
僕もクフィルの制作記、拝見させてもらいますね!
今後ともよろしくお願いします!

No title

きたくんさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます!

クフィルはエリア88に登場していて、昔からとても好きな機体の一つです。
実は私も、ミラージュIIIの魔改造機だったということを最近になって知りました。
そう言われれば、ぱっと見の違いってカナードの有無ぐらい?

飛行機キット、すぐ形になってくれるし、楽しいですよね!
早く塗りたいな~。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!m(_ _)m

No title

goriさん、おはようございます!

極小パーツのランナーからの切り出し時には、とりあえず裏側からマスキングテープをベタッと貼ってナイフの刃を入れる、とかでしょうか(普通……)。

自分も40代半ばから老眼気味になって、ド近眼でコンタクトだったのをメガネに変えて、細かい作業は裸眼で超近接アタックです(ちょっと離れると見えないのでw)。

ではまた!

No title

イヴュマーさん、こんばんは~。

>とりあえず裏側からマスキングテープをベタッと貼ってナイフの刃を入れる
なるほど、ちゃんと事前に備えとかないと、飛んでからじゃ遅いですよね...。
危ないと思ったら備える!を意識しておくのが、結局早道かな?

老眼の方は、私は近くに焦点が合わせられなくなってきました。
なので、工作・塗装、何をするにもヘッドルーペが必須。
最近ではヘッドルーペに慣れすぎちゃって、会社でちょっと字の小さい資料を見ると、条件反射でヘッドルーペが欲しくなる始末(^-^;

No title

goriさん、こんばんは! たびたび失礼します。

すみません、老眼の件、自分のコメントの文章がおかしくて誤解を招いてしまったようですので訂正、老眼なので、近眼用の視力矯正を入れていると自分の爪を切るのにも微妙にぼやける=近くに焦点が合わない状態になっています。

なので視力矯正の度数を緩くしたりしてみたのですが、今は近眼矯正用のメガネをずらしたり外したりして裸眼の状態にして近くの小さいものを見る感じなのです。ヘッドルーペも以前に使ってみたのですがそれに慣れる前に、いざとなったら近眼の裸眼で対応という状態に慣れてしまいました。実生活でも細かい文字はメガネをずらして近寄って読むクセがついていますw

ピンセットでパーツを飛ばしてしまう対策ですが、指でつまめない極小パーツの移動時には、ピンセットではなく、小さい棒の先に丸い粘着物(粘着力は弱いです)がついたものを使って移動するのはどうでしょう(ビーズを扱うための一般的な商品で、スジボリ堂にも模型用にそんな商品がありました)。
それから、極小パーツの組み立て時にだけ必要なサイズの箱を透明プラで作って内側面を半透明の弱めの両面テープなり粘着シートなりを貼って・・・などと思いつきで書いてみたけどやはり面倒かもですし、油断して防御してないときに限って飛ばしてしまうような気もします(^^;;

あ、あと、ひとつ前の記事の件になってしまいますが、実物のミサイルというのは実弾ならばやはりノズルが開口していて、キットによってはノズルは塞がっているけれども製作時に自分で開口するというのが基本工作だったりするのでしょうか。

ではまた!

No title

イヴュマーさん、こんばんは~。

>老眼
なるほど、やっぱり同じような状況だったんですね。
こちらも読み切れてなくて失礼しました。
実は私も右目の視力が0.4以下に落ちてもう30年ぐらい経ちますが、日常生活は気合で(?)裸眼で過ごしてます。
ただ最近は度が進んで、TVのテロップが読めない(+o+)
一応メガネは作ってますが、めんどいのでかけるのは車の運転と、映画見るときぐらい。
近くのモノが見えなくて眼鏡ずらしちゃうのはよく分かります(^-^;

>ピンセットではなく、小さい棒の先に丸い粘着物
爪楊枝の先に両面テープ付けてパーツを持っていく、ってのはときどきやるんですが、専用の商品があるんですね~。
今回はパーツの勘合がキツメだったので、ピンセットで行っちゃいました。
透明プラ板の箱、ゴキブリホイホイ式か~なるほど!(^-^;
飛ばなくするか、飛んでも大丈夫にするか...。
いずれにせよ、なかなかお手軽な解決策はないんですよね~。

>ミサイル
おっしゃる通り、実物のミサイルは大体ノズルが開口してますが、少し前までは模型では塞がっているのが普通でした。
穴を開けるかどうかはモデラーさんの好みですが、私は開ける派。
ピンバイスで穴を開けるだけで、精密感が出る気がしますので。
ただ、センターがズレて「ありゃりゃ?」ってことも珍しくないです(^-^;
プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR