クフィル C2:製作記(9)


3色迷彩、まずは基本となる薄茶色から。
発色しづらい色で、2回に分けて吹きました。


いつもは迷彩のマスキングには練り消しを使っているのですが、今回はパンツァーパテなる新兵器を使ってみます。
使い方は、基本的に練り消しと一緒。
棒状に伸ばして、機体に貼り付ける、っと。
なんかちょっと不気味ですね...(^-^;

練り消しと比べると、かなり固くて重い。
スライムのような柔らかさを想像してたんですが、全然違いました。
そして最大の特徴は、粘着力があるところ!


ちなみにこちらが、5年前に作ってたハリアーの作業風景。

練り消しの欠点は、粘着力がないため機体にうまくくっ付いてくれないという点。
なので、こうやってマスキングテープでフォローしてやんないといけないのですが、パンツァーパテはそれ自体に粘着力があり、テープでのフォローは要りません。


グリーンを吹きました。


さすがは専用ツール、と思ったのですが意外な欠点が。
時間の経過とともに、自重で垂れていく!

練り消しよりも比重が重い分、重力に負けて徐々に形が変わってしまいます。
垂直尾翼など、垂直に立ってる面はそれが顕著で、写真は形を決めてから約15分経過したところ。
既に少し垂れてきてるのが分かるでしょうか?


とりあえず、なんとか緑を吹き終えました。
吹きこぼれてたり、色の境界が二本線になってたりと大雑把な状態ですが、まぁ毎度のことでして...。
なかなか迷彩は一発では決まりません。
茶色を吹いた後でラインを仕上げていきます。

ということで、迷彩用のマスクツールは評価に迷うところですが...。
個人的には、今は慣れてる練り消しの方が使いやすく感じます。
やはり商品名の通り、平面の多いAFVに向いてるんでしょうか。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR