クフィル C2:製作記(10)

どうも最近、風呂上りに寝落ち、というパターンが多くてイマイチ作業が進みません。
ようやく3色目のブラウン塗装です。


パンツァーパテ、盛りすぎると垂れるので、今回は細目にして張り付け。
周囲は薄く伸ばした板状のパンツァーパテでカバー。
このやり方ならばあまり垂れないみたいです。
ただ、パンツァーパテ同士が触れるとちょっとやそっとでは剥がせないので、注意しないと苦労します。


ふむふむ、悪くはなさそうですね。
細部をちょこちょこ修正していきます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

パンツァーパテが自重で垂れるとは思いませんでした(;´Д`)
新しいマテリアルも慣れないと難しい部分がありますよね。
最初と慣れてきた頃の自分の印象が異なるというか。

迷彩の境目は微妙なボケ感が良い感じに決まってますね(^O^)

No title

ひるまさん、こんばんは~。

>パンツァーパテが自重で垂れるとは思いませんでした(;´Д`)
そうなんですよ...。
練り消しでは経験のなかった意外な悩み!
まあ、これは私が大盛し過ぎたせいかもしれません。

もうちょい、色々使い方を工夫してみたいと思います。
何せ、練り消しと違って2,000円もするお高い道具なので...。(^-^;
密着度などは練り消しより優れてますし。

>迷彩の境目は微妙なボケ感が良い感じに決まってますね(^O^)
ありがとうございます!
1/72ではボケ幅のコントロールがデリケートなので、そう言っていただけると嬉しいです!!
くっきりし過ぎずボケ過ぎず、のいい塩梅を狙っております(*^^*)

No title

goriさん、こんばんは!

ひるまさんも仰ってますが、迷彩の境界のボケ幅って難しいところみたいですね。だいぶ前にハセガワ 1/48 三菱 F-2A を作ろうとしていた(つまり挫折した)のですが、そのとき模型店でお訊きしたところ「メーカー完成見本品に限った話ですが 1/72 ではくっきり、1/48 では明らかにボカしてますね」とのことでした。とは言えモデルグラフィックス誌を読むと「厳密に言ってしまえば 1/72 のヒコーキはいくら実物がザラザラでもその縮尺物の表面はツルツルで色の境界もくっきりであるべきだしスジ彫りもキットのままでは太すぎるが、しかし模型の見立てとして表現の塩梅がある」といったようなことが書かれていて、そのへんの模型としてのウソのつき方がデリケートだということなんでしょうね。このクフィルの境界は粒状ではなく微かに滲んだような絶妙なボケになっていて、どのような完成品になるか楽しみです。

ところでいろんな模型の中でもヒコーキ(とくに現用機)は大きく平べったいのである程度の数が揃うとディスプレイにはやたらと場所を取るし棚で重ねてしまうと鑑賞できないと思うのですが、そのあたりどのような対策をとられているのでしょうか。

ではまた!

No title

イヴュマーさん、こんにちは!

モデグラの「模型の見立てとして表現の塩梅」というのは同意見です。
実機再現しつつ、模型としての印象も大事にしたいと思っています。
1/72での個人的な好みのボケ幅に対して、エアブラシのフリーハンドではボケ過ぎ、マスキングテープではくっきりし過ぎ、ということで今の手法に落ち着いてます。
ただ、もう少し違った手法にトライしてみたいという気持ちもありますね。

ディスプレイ方法は、確かに悩みどころですね~(-_-;)
ガンプラ(HGUC)なら7~8機並ぶところが、1/72だとせいぜい4~5機、F-14クラスだと2機しか飾れない。
特別な対策はしてないのですが、棚板がガラス板のショーケースにしたので、棚の間隔が狭くても結構鑑賞出来ることぐらいかな?
特に、下から覗けるのは飛行機モデルにはありがたい!

あとは、今住んでる東京の棚が飽和状態なので、ときどき山口の実家に完成品を里帰りさせてます。
実家にはまだ置き場があるので、しばらくは大丈夫そう。

No title

こんにちは~

黒くてグロテスクなパテは初めて知ったんですが、
結構お高いんですね~(驚)
でも迷彩塗装が綺麗に仕上がっていってるんで、
この先の仕上がりを楽しみにしてますね~(楽)
そして塗料が付いてもこのパテは再利用は可能なんでしょうか?

で、練り消しと言えば自分はkohiさんに教えてもらった
100均の粘着タックを使うようになったんですが、
これも迷彩塗装に使えそう!(笑)
では、また~

No title

テツさん、こんにちは~。

そうなんです、お高いんですよ...(-_-;)
練り消しはせいぜい数百円ですからね~。
塗料はある程度混入しても何回かは使えるんじゃないかと思います。
私の迷彩塗装の頻度(2~3年に一度)なら、死ぬまで使えるんじゃないかと思ってますが(^-^;

試しに、綿棒にシンナー付けて拭き取れるかな?と思ってやってみたら、綿棒が真っ黒になりました...。
パンツァーパテが溶けてるみたい、これはダメでした。

100均の粘着タック、なかなか良さげですね!
塗装の持ち手には、割りばしか爪楊枝に両面テープ、でした。
今度探してみます。
迷彩塗装には、粘土状である程度くっ付くけど外しやすいものなら大体使えると思います。

No title

こんばんは!
う~む、この迷彩は素敵だなぁ~。
色味とバランスがが最高ですね☆

カッコイイ!!

No title

きたくんさん、ありがとうございます!!

指定色よりやや濃い目の色選択で正解でした!
ホントは、もうちょいパンチが効いた感じになるかと思ったのですが、まあこれはこれで今風な雰囲気でいいかな?
プロフィール

gori

Author:gori
山口出身、東京在住のおっさんモデラーです。
仕事と育児の合間を縫って、夜な夜な製作中。
元々は空モデラー...ですが、最近はキャラクター中心の雑食。

イベントリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR